ブログ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ 

2018年 1月 17日 勉強の楽しみ方☆遠藤編☆

本日は市ヶ谷校のブログをご覧いただきありがとうございます。

東京工業大学2年生の遠藤裕貴です。

 

昨日いよいよ私立医学部の個別試験がはじまり、本格的に受験がスタートしました。

受験生は自分の最初の受験に向けて、高校2年生以下のみんなはもう本番まで1,2年しかないというのをもう一度意識して頑張りましょう!

 

さて本日のテーマは『勉強の楽しみ方』ですね。。。

そのテーマのためにまずは、勉強とはなんなのかという事に焦点を当ててみようと思います、

勉強の語源を調べてみると、本来は気が進まないことを仕方なく進めるという意味のようです。

お店とかで「お値段の方は勉強させていただきます」というように使うのが本来の役目というわけです。

しかし、明治以降知識を得るために努力をするが美徳とされたため、学習と同じような意味でつかわれはじめるようになった。

実はこのような背景が勉強という単語にもあります。

つまり勉強をしている人には、

気が進まないことを仕方なく進めている人と

知識を得るための方法としてとらえている人

の2パターンが存在するという事です。

 

そして、『勉強の楽しみ方』というのを考える人は、間違いなく気が進まないことを仕方なく進めている人です。

気が進まないからその行為に意味を求める。

でもそれには、それこそ意味がないと思いませんか?

本来は考える意味のないことを考えているわけで、明らかに必要のない行為です。

というわけで『勉強の楽しみ方』は存在しないというのが個人的な結論です。

 

しかし、世の中には勉強を楽しいという人間もいるわけで、そういう人は何を考えているのかというと、

勉強という行為ではなく、勉強の結果を意識しているはずです。

それこそ、知識を得るための方法としてとらえているわけです。

勉強というものは努力であり、努力というものは必ず代償が必要な行為です。

時間だったり、精神的苦痛だったり、、、

でもそれで得られるものは何物にも代えられない財産であり、それを得るのが楽しいからこそ、勉強が楽しいというわけです。

 

皆さんはなぜ勉強をしているのですか??

そこを考えていけばおのずと勉強は苦痛ではなくなっていくのではないでしょうか。

2018年 1月 13日 センター試験の心構え★織原編★

おはようございます。

会場に向かう満員電車の中で見てるのでしょうか。
それとももう試験会場について、いてもたってもいられなくて見てるのでしょうか。


何はともあれ、最後の詰めで必死な人、見なくていいやつです。
もう緊張で参考書が頭に入ってこない人、手が震えてる人、勉強が手につかない人、だけ見てくれればなあと思います。


久々のブログの更新になります、織原です。


皆さんが会場に向かう途中なら、私もその頃、西永福にある高千穂大学へ、

高校三年生の女の子の応援に向かう電車の中だと思います。


模試のたびに数学が思うような結果が出せず、何度志望校を下げようとしてきたことでしょうか。

でも結局、入学から志望校は変えず、もうセンター試験本番です。


いやほんとに頑張るようになったなあと、立派になったなあと、数学できるようになったなあと、心から嬉しいです。


さて、皆さんも不安でしょうが、
私も不安でいっぱいです。


なんと、今年でセンター応援も3年目ですが、
2年前は、いま担任助手をやっている黒島先生の応援に行ったのを覚えています。


さあ私ごとですが高校三年生のセンター試験を振り返ってみようと思います。


世界史、前日1日かけて勉強した東南アジア史が一問もでない。


英語、わけわからん新しい問題に戸惑う。
あの
A   A→A
B↗︎B   B
みたいなやつです。あんなの初見でできないよー。


数学ⅡBの難しさに泣きそうになる。

 


色々ありましたが
私の一番のセンター試験の思い出といえば、
数学ⅡBの超難化でしょう。

その年の平均点はセンター試験史上最悪の39点。


平均が6割になるように作られてる試験なのにヤバイでしょと当時は話題になりました。


これだけは今でも鮮明に覚えてます。


試験開始の合図。


国立文系志望の私にとって数学ⅡBはセンター試験の最後の時間の科目でした。


まずは数学Ⅱを解かないように気をつけながら数学ⅡBのページに進み、

大問1個目の三角関数にはcos7θの文字。


なんじゃこれ見たことないなと焦りました。


私のセンターの出来は数学ⅡBの点数が鍵を握っていったからです。


切り替えてときはじます。


案の定、途中でペンがとまる。

 


しかし椅子を1つ挟んで隣の子は、ペンが止まってない。


横を向いてなくても隣の人のペンの動きくらいは視界に入ります。


なんだこのメガネ野郎。とは思いませんでしたが、いやでも焦ります。


とりあえず落ち着こうと後回しにして、大問2の微分積分へ。


ぱっと見は解けそうで途中まではすらすらいくものの、早々ペンが止まる。
焦る。


落ち着こうとか思ってる場合じゃないヤバイ。


大問3の数列、半分も解けない。
もう冷静でいられるわけがありません。


何分経ったかは覚えてませんが、
これは実話です。
結果から言うと最後にはなんとかなりました。

 


その日、東京農工大学小金井キャンパスで2日目の試験を迎える私を応援しようと、

当時の大学1年生のグループミーティング担当の人が駅で激励してくれました。


あとで聞いた話ですが、そのキャンパスでの市ヶ谷校の受験者は私ひとりでした。
他にもたくさん生徒はいるのに。


きのう(センター1日目)はどうだったー?


まだ採点してませんが、たぶんダメです。

(誰でも弱気になりますよ。笑)


そっかあ


そして足早に会場に向かおうとする私に、
当時からベタですが、キットカットにメッセージを書いて渡してくれました。

まだ取ってあります。部屋の引き出しに入れてあります。

こんな大事なもの食べられるわけありませんから。笑

 

「周りや結果は気にしなくていいから、力を全部出してこい。」

この一言に救われました。


我に返りました。

結果はダメだったらしょうがない。
でも後悔しないように。最後まで諦めずに、一問でも多く、一点でも多くもぎ取ろう。

 


大問4のベクトルへ進むと、あらま意外と解きやすいこと。

焦りがなくなったからか比較的簡単だったかはわかりませんがほぼ解けました。


でも序盤、飛ばし過ぎたこともあり、まだまだ時間があった気がします。

これ全部あっててもまだ40点くらいだ。一点でも多くもぎ取ろう。

もっかい考え直し、解けそうな問題は解き、
できない問題は勘であり得そうな数字をマークし、
なんとか66点。

 


あの言葉がなかったらたぶん私は30点くらいでした。

 


伝えたいのは、皆さんは一人で頑張ってるわけじゃないよ、ということ。

お母さんがいて、お父さんがいて、学校の担任の先生がいて、東進の担任の先生がいて、


私は東進で働くまでそんな良い子じゃなかったので、笑


当日のスタッフの応援や、
試験日当日の朝にきた、推薦が決まってる友だちからの激励のメールや、
学校の担任の先生からの激励のLINEや、
すべてなくても頑張れるわ。と思ってました。


でも実際は救われてました。


だから皆さんも受験が終わってから感謝すればいんです。

 


でも試験中どうしようもなくつまづいたら、ふと思い出してください。
皆さんの後ろには巨大な君だけの応援団がいます。
織原もそのひとりです。

市ヶ谷校の生徒全員の成功を心から願っています。

 

試験中焦って焦ってどうしようなくなったら、
自分を応援してくれる人の顔を思い出してみてください。
その人からもらった言葉を思い出してみてください。


きっと、心が落ち着いて、

勇気付けられて、

ベストが尽くせると思います。


これしか言えません、私は。

みんながんばれ!!!




ベストを尽くして、それでも悪かったらまた月曜日から切り替えて頑張れます。

センター試験が全てではありません。


だってあの原堅大は
センター試験本番、

英語:114点

国語:101点

数学ⅠA:52点

数学ⅡB:42点


から法政大学経済学部に逆転合格したんですから。


でも、中途半端な行動をして、大きな悔いが残ったら、月曜日から頑張れません。

きっとずっと引きづります。

 


どんな点数出してもいいから、

自分が納得のいく試験時間にしてきてください。

 

周りや結果は気にしないでいいから、

自分が納得する2日間にしてきてください。



最後まで泥臭く試験時間めいっぱいもがき続けてきてください。

成功を祈ります。


織原より

2018年 1月 12日 センター試験激励★岩本編★

こんにちは!東京大学文科3類の岩本です。

センター試験がいよいよ明日に迫りましたね!

受験生のみんなはかなり緊張していると思います!(僕はこの日が一番緊張していましたね。)

 

自分の取りたい点数が本当にとれるのか、当日失敗してしまわないだろうか、足きりに引っかかってしまわないだろうか。

 

不安は数えきれないと思います。

 

でも、思い浮かべてみてください!

 

今までみんなは一生に一度ともいえるようなすごい努力をしてきたと思います!(少なくとも市ヶ谷校の生徒はそうです)

 

努力は裏切りません!

最後まで自分を信じて、頑張ってください。

 

模試の成績なんて関係ないですよ。

持てる限りの力出し切ってくださいね。

 

朗報お待ちしてます!!

 

 

 

 

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み

2018年 1月 11日 センター激励★工藤編★

こんにちは久しぶりの工藤です。

今回はセンター激励ということで僕から言葉を送らさせてもらいます。 

皆さん今まであらゆる誘惑を断ち切り、様々なものを犠牲にしてきましたね。

最後に笑顔で受験を終えている生徒は受験期誰よりも苦しみぬいた生徒だったと思います。

これからうまくいかないこと辛いことが今まで以上に襲い掛かってくると思います。受験の合否を分けるのはその苦しくしんどい瞬間です。

皆さんそこで家族、支えてくる人の顔を思い浮かべてもうひと踏ん張り闘ってください。

受験は一人の戦いではありません!!

自分の為、そして支えてくれる人の為に受験という10代最後の大勝負に挑んでください!!

 

 

 

 

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み

2018年 1月 6日 センター試験激励☆竹中編

こんにちは。

東進市ヶ谷校の竹中紫乃です。

 

年が明けましたね!!あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

さあ、今日(1月6日)で、センター試験まで6日です。

はあやい。

 

そんななか、私からも激励メッセージを送ろうと思います。

 

私の受験はかれこれ3年前ですが。(結構前ですね)

センター試験当日は、超自分出来るモードで行った気がします。

どうゆうこと?

ってなりますよね(笑)

こうゆうことです。

この試験会場の中で、自分が一番頭いいんだぞっていう雰囲気でいるってことです。

センター試験の会場にはいろんな人がいます。休み時間に超おおごえでしゃべってる人、友達と同じ椅子に座ってお昼ご飯を食べている人。

こんな感じの雰囲気です。

その中でも、いつもの自分も変えずに、休みの時間もずーーっと勉強してました。

 

 

 

皆はこの一年間。それ以上頑張ったと思います。思うんじゃなくて、頑張ったんです。言い切れます。

そのことに自信を持って。

自信って、≪自分を信じる≫って書くんです

だからこそ、自分を信じてあげないと。

まだ不安でも、あと6日で出来ることもたくさんあります。

 

そして、じぶんのことを応援してくれている人は、本当にたくさんいます。

お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、兄弟、近所の人、

学校の先生、友達、東進の先生、もーーーっともっといます。

でもでも、その人たちへのありがたさなんて、終わってみないとわかんないものです。

私も、早稲田教育の発表を聞いてからやっと気づきました。遅いですよね(笑)

自分よりも、お母さんのが喜んでくれて。ほんっとにうるさいくらい喜んでくれて(笑)

そしてそして東進の担任の先生は松尾先生だったんですけど、受かったことを内緒にして電話せずに、お昼過ぎに校舎に行って直接伝えたんですが、

喜んでくれました。(本人いわく、抱きつく寸前だったらしいです笑こわいこわい)

 

こーんなにも自分を応援してくれている人がいるんです。

市ヶ谷校のスタッフはみんなのことを本当に本当にほーーんとに応援しています。

自分のためって考えるとつらいものも、誰かのために!と考えるとちょっとは気が楽になるし、方の力を抜いて頑張れるものです。

 

いっちばん最初の試験、センター試験。

後悔しないぐらい頑張れていれば、あとは、マークするだけです。

やり切ったと思える人は大丈夫なもんです。

 

最後の最後までやり切るのが 大事です。

もうこれだけやったんだ、結果はどうだっていい。

そんな風に思えた人は、合格してるもんです。

 

これは、私が生徒の時に、校舎長の書いたブログに載っていた言葉です。

糧になった言葉だったので、みなさんにも!

 

 

 

何かあったらいつでも言って下さいね(^○^)

 

今日のブログは以上です!

明日もお楽しみに!☆

竹中

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み