ブログ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ 

2019年 1月 19日 センター試験同日体験受験 英語(筆記)の解説授業

 

↑前年に実施された公開授業の様子を↑
少しだけ動画で紹介しています。

2019年 1月 18日 受験生のみなさんへ~竹中編~

こんにちは

お久しぶりです。竹中紫乃です。

             

知らない人もいると思うので、一応。

私は今、フランスに語学留学をしています。

そんな中、みなさんにメッセージを書く機会を頂いたので、この場で書かせてもらおうと思います。

みんなの顔が見えないからこそ、なにが力になるのかなあ と考えていたら、文章を書くのに3時間も悩んでいました。(笑)

書いてたらだいぶ長くなってしまったので、読んでみようかなって人だけ見てください。

ちょっとした力になれればなあ と思います。

去年は、

1日目に豊田先生、畑野先生の、2日目に鶴崎先生のセンター試験の応援に行ったのを覚えています。

3人とも、それぞれの葛藤の中、涙を見せたこともあったけど、

試験会場には堂々と向かっていました。

今ではみんなを支えてくれる存在になってると思うと、

早いですね。

さて、この機会を頂いたので、ちょっとだけ(いや長いかな)自分の話をしますね。

たぶんこれは秋くらい。

寝ている時も音楽を流しっぱなしの、引くくらい音楽依存症だった私が、

音楽プレイヤーをどっかに隠し、その充電器は捨て、携帯のアプリも消し、

音楽を断ち切る、拷問のような生活が始まり。

相変わらず楽しい学校と、キツイけど大好きな部活。

その後は、東進に来て速攻で勉強開始。

夜まで勉強して、寝て、次の日は朝から部活の朝練。

これがセンター本番の1ヶ月前まで毎日続きます。

今思うと、すさまじい体力だなぁって感心しちゃうけど。笑

でも

それもこれも、自分1人じゃできなかったなーって。

特に、当時の東進の担任の先生がずっと見守ってく

れていたからだと思います。

私が、褒められるのは甘えてしまうから嫌いだと言ったら褒めないでくれて、でも私が褒めてほしいなって思う時は自然と褒めてくれて。でも、改善点ははっきり言ってくれて。

私が、部活を12月までやってるからって特別扱いしないでほしいって言ったら、他の人と対等な量とスケジュールにしてくれて。

私が、他の人とご飯の時間をずらして16時くらいに隠れて食べてたから、何も食べてないんだと思ったらしく、食生活も気にかけてくれて笑

私が、ただただ自分に課してる目標に向かって頑張ることが当たり前だから頑張っているのに、紫乃を見てると自分も頑張れるって言ってくれたり。

私が、部活を引退したあとかな?体が勝手に呼吸がうまく出来なくなった時があって。(ガチで病気なったかと思って病院行ったら、ストレスですねって言われてヘコんだ)その時も松尾さんにしか言えなかったし、この人になら言えるっていう安心感があったし。

言葉1つ1つに助けられていました。

今でも困ったときは、助けてもらっています。

あともう1人。

私のお母さんです。

ほんとにポンコツで、ありえないくらい天然で、ありえないくらい元気な人なんですけど、

周りのみんなが1回は反対される中、私が一般受験と部活を続けるって決断をしたときに、1度も反対せずに応援してくれて。

いつも家から駅まで送り迎えしてくれて、(徒歩15分という近さなのに。)

いつも美味しいお弁当を作ってくれて。

夜ご飯の時に、私が疲れて何も喋んなくても、お母さんは笑顔で一人で喋ってて。

自分だって大変なことの1つや2つあるだろに、マイナスなこと言ってるの、一回も聞いたことなくて。

合格発表のときは、私の5000倍くらい喜んでて。うるさいくらい。

2つの存在に助けられたなって。

この2人がいなかったら、私は12月で力尽きてたと思います。

有り難さに気づいたのは受験が終わった後なんですけどね。笑

ほんとに申し訳ないとしか、、、

あれですね、自分のことに精一杯すぎたってことにしておきます。笑

こんなにもつらつら書いて、何が言いたいかっていうと、

みんなは1人じゃないってこと!

これは私の一例に過ぎないけど。

みんなにも絶対あるはずです。

いや、あります。

自分じゃ気付きにくいし、実際気付けないけど、

気づかなくたって、自然とみんなの糧になっていると思います。

緊張したって大丈夫。

緊張してない人なんていないんだから。

センターが全てじゃないんだから、これで終わりじゃないんだから。

たくさんの人がついてるんだから。

どうしようもない時は、自分の背中を押してくれている人の顔を思い浮かべるだけで

自然と安心できますよ。

あの人にこんな報告したいな。とか、

笑顔になってほしいな。とか。

みんなにはたくさんの人が付いてます。

市ヶ谷校のスタッフは言うまでもなく、みんなの家族、学校の先生、仲間、友達、近所の人、他にもたくさん。

たくさんの人が見守っていてくれています。

ほんっとに力強い存在です。

それでも緊張が止まらないなら、マスクの中で全力笑顔をするの、おすすめです。

顔ほぐれるし、自然と笑っちゃうよ。

勝手に心が元気になる。

あと、堂々とすること。

背筋を伸ばすだけで、自然と落ち着いてきます。

直接伝えられないのはもどかしいけれど、

本当に本当に本当にほーーーんとに

もう本当に!

みんなのことが気になってしょうがないくらい、

心から応援しています。

大丈夫、 

いってらっしゃい!

竹中

2019年 1月 17日 受験生のみなさんへ…~畑野編~

みなさんこんにちは!

畑野です。

センター試験本番まで残りあとわずかですね

緊張している子、実感が湧かなくてそこまで緊張してない子、

今すぐにでも試験を受けたいとワクワクしてる子、いろいろいると思います。

自分が受験生のときは今頃、センター演習と世界史の復習を

死ぬ気でやっていました。センター1週間前から前日までのセンター演習が

とてつもなく調子がよくて”これはいけるぞ・・・!!”と思っていました。

本番は、ズタボロにやられ不完全燃焼で終わりました。

今でも悔しいです。緊張やいろいろな感情で自分の全力を発揮できなかった。

なのでみなさんには、とにかく自分の力を出し切ってほしいです

そうすれば必ず結果はついてきます。

みなさんがどれだけ頑張ってきたか、ちゃんと分かってますよ!

あと数日、諦めず弱気にならずあと一点上げるためにはどうすればいいか、

考え抜いてください。センター演習での一喜一憂は気を付けて下さいね。

悔いなく、やりきれるよう、心から願っています。

センター試験で終わりではないですからね・・・!!

校舎で待ってます(*^。^*)♡

2019年 1月 15日 ☆最後に☆内田より

久しぶりにブログを書きます、一年担任助手の内田健太です!!!

本日は

センターを待ち構えている受験生たちにメッセージを書きたいと思います。

いよいよセンター本番残すところあと4日
そわそわしているのはもちろんの事、
焦りで普段の勉強ができていない人も多いと思います。
ネットの受験の掲示板を見たり、気が気じゃない場合が多いはずです。
少しでも気持ちを落ち着かせようと必死になって行動していると思います。

実際に自分がそうでした。
いままで頑張ってきたからこその感情です。
一生懸命にやってきたからこその、感情です
まずそれを認めてあげてください。

そのうえで、

普段どおりのちゃんと計画を立て実行していってほしいです。

ほかの人も書いていますが、この時期はとにかく不安や緊張でとにかく辛いです。
いままでの長い受験生活を全期間完璧にベストの努力ができていた人は少ないと思います

正直に言うと自分も勉強が手つかずになっていた時がありました。
それが今になって自信を削ぐ原因にもなっていました。

ですが、、、、

これからのセンターまでそのあとの一般試験・二次試験までの期間

はベストの努力ができるはずです。

必ずできます。
最後に言いたいことは、

とにかくやり切ってください!
必ず最後までやれば点数は伸びます。
それと、必ず自信をもって臨んでください。

勝負ごとに負ける、勝てるわけないと望んで勝つ人ってまずいないですよね。

ここは本当に気持ちが大切になってきます。

なんかあまりまとまった文章が書けませんでしたが、
最後の最後まで自信をもってやり遂げてください。
それだけで今後が大きく変わってくると思います。

以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 1月 14日 ★受験生の皆さんへ★鶴崎編

みなさんお久しぶりです★

担任助手1年の鶴崎華古です!!!!!!

おととい雪が降りましたねちょっとだけ!興奮しました!

 

さて今日は自分のセンター試験から受験が終わるまでのことを思い出して少し書いてみようと思います。

 

まずは、センター試験もうすぐですね。

わたしにとってはセンター試験はにがーーーーーい思い出です。

大失敗しちゃったんです。

 

夏休みからほぼ毎日解き続けてきたセンターの過去問、模試でも安定していい点数をとれてたから、自信を持って挑んだんです。

 

だけどいざ本番受けてみたら、結構緊張しました。真剣に勉強して挑んだ受験は初めてだったから。1番前のどセンターの席で問題解いてるのに前にいる3人の試験監督がバタバタしてて集中出来なかったこと、鮮明に覚えてます。国語の選択肢が絞れない。英語の文章が頭に入らない。パニック!!!!

 

気づいたら2日間のセンター試験が終わり、採点しながら大号泣。点数悪すぎる。

そして、東進の受付の面談スペースの真ん中で面談中なのに涙が止まらない!

 

どの大学のセンター利用も取れない。

 

みんなは滑り止めの大学の合格もらえてるのに、、、

 

自分このままどこも受からなかったらどうしよう、、って不安に襲われました。

その後、学校では「鶴崎さんなら大丈夫だと思うけど、専門学校のことも視野に、、」

と追い討ちをかけられ、、2日間くらい立ち直れず。

 

だけど、あと1週間で一般入試が始まるし(医療系早いんです)、ここでやる気なくすよりは最後までやり切らなきゃダメだ!努力が無駄になる!って改心しました。

 

1校も合格が貰えないまま5校の入試を受けました。ほんとに怖かったです。けど、全力でやりきる!っていう決意の方が大きかったからなんとか乗り超えられました。

 

初めての合格発表は2志望の大学

親からLINEが、、「おめでとう

わーーーーー!!!ほんとにほんとに嬉しかった。実力がなかったわけじゃないんだって思いました。

 

自分は本番は強いと思い込み、第1志望の慶應義塾大学看護医療学部の入試まで駆け抜けました。その間ほぼすべての大学から合格を頂きました。

 

そしてついに第1志望の結果発表の日。

自分で結果を見る勇気がなくて、親にお願いをして見てもらいました。

そしたら合格!とのお知らせが、、

やったーーーーー!飛び跳ねて喜びました!お母さんと抱き合い、そしてすぐに担任だった竹中先生に電話をしました。めちゃめちゃ喜んでくれて、さらに電話の向こうからおめでとうの声がたくさん聞こえて、家族をはじめ、いろんな人に支えてもらっていたんだなと改めて実感しました。

 

長々と話してすみません。

で、私から皆さんに伝えたいことは、

 

「何があってもたとえ辛くても、受験の最後の最後まで諦めずにやり切って欲しい!」

 

ということです。受験が完璧に進む人はいないです。私もそうでした。

心が潰されそうになることもあるし、苦しいものだと思いますが、途中で投げ出さずにやりきってほしいです。

ずっと応援しています!がんばれ受験生★

 

以上です。読んでくれてありがとうございました!