5月 | 2018 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ 2018年05月の記事一覧

2018年 5月 19日 英語の音読ってそんなに大事?☆平井☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センター試験まで、、、

244日!!!

みなさん、こんにちは!

最近の夏の暑さに負けそうになっています、平井希です

先日、大学で、国際キャリア概論という授業を受けました。

マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツのスタンフォード大学での卒業演説を英語で聞いて、400語の英語で感想を書くという課題が出ました。

難しかったですね。

言いたいことが日本語で分かっていても、それをどういう風に言い換えて、英語にするかがすごく難しかったけど、うまくできました

そのときに思いましたね、あぁ英語の長文よく音読してたなぁ…

ということで!

本日は、おすすめの勉強法、英語の音読についてお話しますね

皆さん、英語の文章、音読していますか?

今井先生や、安河内先生は、音読音読!!とよくおっしゃっていますよね!

いやまてよ、音読ってそんなに大事か?

大事なんです。笑

人それぞれ勉強のやり方もあると思いますし、音読ではなく、黙読のほうが自分に合っていると思う人もいると思います。

今日は、私の音読の方法を紹介するので、いつも音読してない人もぜひやってみてほしいです!

いたって普通のやり方ですが(笑)

 

ポイント① しっかり意識して音読しよう

当たり前ですが、ただたんに音読しても意味ないですよね。

ここが関係代名詞で、ここに繋がっていて、

ここは分詞構文で、あっちに繋がっていて、

ここは否定語が前に来ているから、倒置になっていて、

段落の初めに、in shortがあるから、ここでまとめがくるんだよなぁって意識しながら音読すること、すっごく大切です

やってみましょう!

 

ポイント② 白文でも音読しよう

長文を音読していると、スラッシュや、かっこや、アンダーラインなど自分でいろいろメモしている人多いかと思いますが、実際に試験で出題される長文は、白文、つまり、何も書いていない文章ですよね、当たり前ですが(笑)

なので、メモが書いてある文章をずっと音読しているのは、絶対もったいないです!!!

メモが書いてある文章で、スラスラ読めるようになってきたら、今度は白文で英文を読んでみましょうね!

非常に大事なことです。

ぜやってみてください

 

ポイント③ 継続しよう

あったりまえです!!!!

何事も継続することが大事ですよね!

毎日少しずつでもいいので、音読していきましょうね

 

どんなことでも、考えて勉強すること、非常に大切だと思います。

勉強をこなすだけとか、ただ長時間勉強するのは簡単だけど、

自分の力になるように考えて勉強することは、大変だし、簡単なことではないですよね。

そして一般的に受かるために必要なことってよりも、自分自身にとって今何が必要で、何が不必要なのかを見極める力も非常に大切です。

どうやったら本番もっと点数取れるか、どうやったらもっと効率よく勉強できるかを、わたしは浪人時の帰りの自転車に乗りながら考えていました(笑)

みなさんも、もう一度考えてほしい!

模試でよくない結果が出ても、気にせず、しっかり復習して、今の自分に何が足りなくて、何が必要なのかを考えていきましょう!

負けないでくださいね。

 

それでは、最後は、かっこよく名言で決めましょう☆笑

 

間違いと失敗は我々が前進するための訓練である。  by チャニング

 

☆本日のMVP☆

 

 

 

 

 

 

 

 

6/17の全国統一テスト!

前回の模試より30点UP目指します!!

がんばれ?

 

 

以上

平井

 

 

 

bukatu

入zenntou

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み

2018年 5月 18日 5月26日(土)西きょうじ「父母のための難関大合格講座」は満席となりました。

2018年 5月 18日 モチベーションUPのための偉人の名言!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、問田祥太郎です

毎回言うんですが最近はかなり熱くなり長ズボンを履けなくなってきましたね(笑)

大学でもかなりの人が半ズボンをはいてるの見ています

 

 

今日のテーマは尊敬する人ということで、自分は日本史が好きなので

日本史に出てくる3人の偉人の受験にやる気を出すための名言を紹介したいと思います

皆さんは今大きなプレッシャーに耐え勉強を頑張ってると思います。

そんな中心の支えとなるのが偉人たちの名言ですっ!自分も受験期彼らの言葉を見て

モチベーションUPをしていました。ではいきましょう!

まずは1人目は 高杉晋作です

 

 

 

 

 

 

 

日本史をやっていない人はあまり詳しくないと思いますが……

偉人の名言紹介ということなので今回は本人の説明は避けていきたいと思います

「戦いは一日早ければ一日の利益がある。まずは飛び出すことだ。思案はそれからでいい」

「このままペースで志望校うかるのかな」、「模試の点数が悪い、ショック」「勉強の方法はこれでいいのかな」

などとあれこれ考える暇があったら勉強しましょう!東進に来て受講を受けるのです。

考えるのはそのあとで大丈夫、とにかくがむしゃらに勉強をしましょう!

 

次は早稲田大学の創始者大隈重信です

 

 

 

 

 

 

 

 

大隈重信はかなり有名なのでみんな知っていると思いますが

「諸君は必ず失敗する。成功があるかもしれませぬけど、成功より失敗が多い。

失敗に落胆しなさるな。失敗に打ち勝たねばならぬ」

失敗は誰でもするのです。失敗をしないように防ぐのではなく、そのあとどうするかが

大切なのです。多くの失敗から学び次へのステップアップが大事なんです!

模試なので失敗をしている人も少なくないと思います。しかし失敗してショックを受けて

ふてくされるのではなく、しっかりと復習し、なぜとれなかったのか、どうしたら次取れるのか

を考えましょう!

 

最後は千円札に乗っている野口英世です

 

 

 

 

 

 

 

大熊重信と同じでこれも有名すぎてみなさん知ってますね

「努力だ。勉強だ。それが天才だ。誰よりも、3倍、4倍、5倍、

勉強するもの、それが天才だ」

模試などを受けると友達の点数が高くショックを受け、あいつは元がいいからとか

思いますよね。自分もそう思っていましたが、そういう人こそ1番努力してます!

東進にはそういう人がたくさんいます、刺激をうけともに切磋琢磨していきましょう!

 

修判合格おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bukatu

入zenntou

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み

2018年 5月 17日 憧れの、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは!
大妻女子1年の未だ新生活に慣れていない畑野ひかりです(#^.^#)


5月も半分が過ぎましたが勉強は順調ですか?


勉強のやる気が少しなくなってしまったとき、

みなさんは何をモチベーションに頑張っていますか?


自分の尊敬する存在がいたら、頑張る源になりますよね、、、!!

 

ということで、今日は私の尊敬する人を紹介します☆彡

私の尊敬する人は、ここ市ヶ谷校の担任助手もやられている、竹中先生です。

私が竹中先生と出逢ったのは、高校2年生の10月です。

竹中先生が今まで全く勉強をしてこなかった私を東進の入学をすすめてくれたおかげで

自分自身を変えることができました。

竹中先生は、明るくて前向きでなんでも可能にしちゃう方です。

竹中先生の言葉に影響を受けた生徒は今もたくさんいるんじゃないでしょうか、、、

 

私は竹中先生の存在に背中を押され続けられ受験勉強を乗り切ることができました。

色んなことに挑戦して常に悔いのないような生き方をしている竹中先生は

今も尊敬する存在でもあり、憧れの存在でもあります☆彡

皆さんも自分の背中を押してくれるような存在を見つけてみるといいと思います(#^.^#)

明日も頑張りましょう!!

今日のMVPは、向上得点女王と部活との両立も頑張っている2人です!!

 

 

bukatu

入zenntou

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み

2018年 5月 16日 普段、当たり前な教育も……☆加藤☆

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!久しぶりにブログを書く加藤です!

 

先週は5月になってから記録的な寒さとなった一方

昨日は暑い1日でしたね。

 

気温の寒暖差が激しいと体調を崩す人が多くなるので

みなさんも体温調節のできる服装にするなどして

気を付けてください! 

 

さて、今回のテーマも引き続き 「尊敬する人」 ということで

自分は マララ・ユスフザイ さんを紹介します。

 

この女性の名前をテレビや新聞で見たことある人も結構いるんじゃないか

と思いますが、彼女のことを簡単に紹介したいと思います。

 

彼女は2014年にノーベル平和賞を史上最年少で受賞した

パキスタン出身の人権運動家です。

彼女の生まれた地では子どもの過半数が教育を受けられておらず

さらに、イスラム過激派が女性が学校に通うのを禁止する中

世界中の女性や子どもが教育を受ける権利を訴え、

イスラム過激派に頭部を撃たれ、瀕死の重傷を負ってしまいます。

 

しかし、彼女がすごいところは、襲われた後、後遺症を患いながらも

活動を続け、現在も国連でスピーチをするなどしていることです。

2013年、国連行ったスピーチを紹介します。

 

「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペンが

世界を変えられるのです。教育以外に解決策はありません。

教育こそが最優先なのです。」

 

当時16歳です。

幼い時から教育の大切さを理解しており、そして

何よりも、目標達成のために危険をともなっても

諦めない彼女は、自分の1つ上の方とは思えないほど

尊敬に値すると思います。

 

日本では教育をうけることが当たり前になっている環境なので

教育の大切さ、ありがたさに気づく機会が少く、あろうことか煩わしく

思ってしまうこともあると思いますが、改めて教育を受けられる

感謝できれば、勉強に対する姿勢も変わるんじゃないかと思います。

 

 

本日のMVP!! 上級英熟語完全修得!! 素晴らしい!!

 

 

 

bukatu

入zenntou

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み