浪人生と現役生(師走) | 東進ハイスクール 市ヶ谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 13日 浪人生と現役生(師走)

こんにちは!市ヶ谷校担任助手1年の天野瑠人です。

1年も終わりに向かってきた今日この頃、皆さんは今年をどんな意気込みをもって迎えたでしょうか

今回は、一般受験本番を迎える受験生に向けた内容にしたいと思います。

私は、この校舎唯一の浪人を経験した担任助手として「浪人生からみた現役生」について話します。

校舎で指導をしているとき現役生からよく{浪人生が怖い浪人生には勝てない}という言葉を聞きます。

確かに、皆さんに比べて勉強時間もあるし、1日18時間の勉強は当たり前です。

その分多くの知識も入っています。

では、浪人生に怖いものはないのでしょうか?浪人生が一番できるのでしょうか?

そんなことはありません。

実は浪人生が一番怖がっているのは皆さん、”現役生”です。

確かに、勉強量では現役生より勝っているものがあります。

しかし、演習を解くたびに変な知識が入り込み素直に問題が解けなくなる、自分なりの癖づいてしまうなどの弊害もあります。

例えるなら、問題を解くたびに不合格から身を守る鎧を何重にも着込み、動けなくなってしまっているような状態です

その一方、現役生は知識がフレッシュで、ある程度示された解法を一つの武器に身軽に戦います。

時間がない分、この一つの武器に磨きをかけることができどんな問題も砕ける鋭利さをもって挑んできます

浪人を経験した自分だから言えることです。

ほとんどの浪人生なんて大したことないです。

データでも浪人の成功率は30%と出ています。

浪人生のせいにして、目の前のチャンスを手放すなんてもったいないことはしないでください。

受験で一番強いのは結局現役生です。最後までつき進んでください。

応援しています。

 

最新記事一覧

過去の記事