夏休みの過ごし方が合格を左右! | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2018年 8月 11日 夏休みの過ごし方が合格を左右!

 

 

 

残りセンターまで

 

 

 

こんにちは、問田です!久しぶりのブログ更新ですねヽ(´▽`)/

今日から毎日書いていくのでみんな見てくださいね。

今日の最高気温42°、、、、暑い、、、、、、、

さて、今日は夏休みの過ごし方ということで、おもに高1、高2年生宛です

夏休みは受験生の天王山と言われてますが、高1、高2にとってもとても大事なものです。

なぜかというと、高2は次の年から受験制度が変わるので絶対に失敗できないし、

高1生は受験制度が変わるので対策を早いうちからしないといけない、などなど理由はいっぱいあります(早いうちから準備して損はないしね)

かの有名な林修大先生は「受験にフライングなし」と名言を残しています。

自分はフライングができす、高1、高2の夏休みは遊んでばかりいました

さすがにこのままじや危ないと思い受験勉強を始めましたが、時期が高3の4月で、成績も

かなり悪かったので、大学に進学することもかなり厳しかったです。そこから受験までかなりの

努力をして大学には進学できましたが、もっと早く始めていたらなぁと今でも思います

高校生のみなさんは大学生の受験時代の話を聞くとき、「もっと早く始めていたらなぁ」という

ことを良よく耳にすると思いますが、あれは受験生の8-9割が思うことです。

そうならないためにみなさんは受験勉強にたいして今のうちから「フライング」をしましょう!

 

朝登校がんばっていますね!

 

 

体験授業

個別相談

入学申込み