神無月 | 東進ハイスクール 市ヶ谷校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 13日 神無月

今回の名言

神が手を差し伸べたくなるぐらいにまでがんばれ。~ 稲盛 和夫

人生が苦しいと感じるとき、勇気ある者はただ横になって敗北を認めたりしません。

そんなときだからこそ、より良い未来のために必死に努力しようと固く心に決めるものなのです。~ 

エリザベス二世(エリザベス・アレクサンドラ・メアリー)

今の世界を作った偉人がまた一人、また一人とお亡くなりになられました。

皆さんにとって「この人は偉人である。」と感じる境界はどこですか。

私は、皆さんの”その境界”をいつか超えられるように今、勉強しています。

これが私の勉強するモチベーションです。

さて、今回は今一番はまっていることについてお話しします。

はまっているもの、それは勉強です。仏検、工学英検(外国語検定)危険物取扱、司法予備試験(資格)、弓道()などなど…。

これらを勉強する目標としては将来の選択肢を増やすことにありますが、目的は前述した皆さんの境界を超えるためです。

偉人が偉人と呼ばれるのは周囲(多数)の人が幸福を与えられたと感じるからだと考えています。

この何でもある世の中で偉人になる、そのためには何でも手を出し、他人に教授できるレベルまで修得する。だからこそ、私は大学受験が終わった今も勉強を続けています

志がある人・ない人、ぜひ今一度自分の志を熟考する機会を作ってみてはいかがでしょうか。

この行為は必ず、志の創造・強化につながると信じています。

 

出典:稲盛和夫の歩み | 稲盛和夫 OFFICIAL SITE (kyocera.co.jp)