MY受験スケジュール☆笠井編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 5月 6日 MY受験スケジュール☆笠井編☆

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら

 こんにちは!

東進ハイスクール市ヶ谷校担任助手笠井です!

 

すっかり上着もいらないくらい暖かくなってきました。

というのももう5月!

GW(ゴールデンウィーク)ですよ!

しっかりこの休日を活用できてますか?

 

「休日だー!遊ぼう!」

なんていってたら、周りと差が付きません!

 

「休日だー!まとまった時間がある!勉強しよう!」

この意識を常にもってほしいなと思います。

 

そして本日のブログテーマは!

 

「MY受験スケジュール!」

 

東京理科大学工学部機械工学科を志望した,私はどのような受験スケジュールだったのでしょうか…

 

以下、受験大学です!(日程順)

 

1.芝浦工業大学   工学部 機械工学科 (一般入試)  合格 2月3日

2.東京理科大学 理工学部  機械工学科 (一般入試)  合格 2月4日

3.明治大学    理工学部  機械工学科 (一般入試) 不合格 2月5日

4.上智大学    理工学部 機能創造理工学科 (全学部統一入試)  合格 2月7日

5.東京理科大学  工学部  電気工学科  (一般入試)  不合格 2月8日

6.東京理科大学  工学部 機械工学科 (一般入試)   合格 2月9日(第1志望)

7.中央大学     理工学部 精密機械工学科(一般入試) 不受験 2月14日

 

という感じですね!

結構、過密なスケジュールで、なかなかハードでしたね…

 

しかし、この受け方にもいくつかのPOINTがありますのでご紹介しますね!

 

I.志望校よりもレベルが低いところを先に受験する!

 

私の場合は、一番最初の一般入試が芝浦工業大学で、

その後受けるところよりはレベルが1段階低いわけですが、

先に芝浦工業大学を受けることで、テストなれをして、その後の受験をリラックスして受けられました!

 

Ⅱ.同じ大学を複数受ける!

同じ大学で違う学部学科でも、問題傾向が似ているところも多くあります!

そういうところでは、過去問を演習するときや、実際に受験をするときも同じ傾向なので、勉強しやすく

第1志望に対する練習にもなります!

 

私の場合は、私立理系ということで、最初の方に受験が固まってしまいました。

そのために、模試などしっかり受けて、連続になっても続けられる精神力をつけておくというのも大事だと実感しました。

 

受験というのは、本当に何が起こるかわかりません。

そのとき、自分のコンディションがどうか、会場のコンディションがどうかなんてわかるはずありませんね。

だからこそ、当日やりきったなという感覚を出せるような受験スケジュール管理が一番大事です

 

そのためには、自分が何をしたくて、その大学にいくのかという気持ちをもう一度、考え直すのも大切ですね(特に受験生はこの時期がこういうことを考えられる最後のチャンスだと思うので。)

 

ということで、私や他の担任助手の受験スケジュールを参考にしながら、自分の受験のビジョンを考えるということに加えて、GWには、もう一度、「なんで、私はこの大学のこの学部にいきたいのだろうか。」ということを考えるということもやってみると、受験に対するモチベーションというのが全然変わってくると思います!

 

本日もブログを見ていただきありがとうございました。また明日も、参考になるものを提供したいと思っているので、是非見ていただけたらなと思います。

 

笠井

 

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら