ブログ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ 

2012年 12月 16日 早慶対策特講!!!

             

こんにちは!東進市ヶ谷校担任助手の鈴村峻弘です!

初めての登場なので自己紹介をしたいと思います!

僕は慶應義塾大学経済学部に通っている1年生です。兄の影響もあり経済に興味を持ちました。大学では現在マクロ経済学や経済史、線形代数などを学んでいます。今、取っている授業の中では一番面白い授業が経済学なので、やはり興味のある学問で大学を選ぶというのはひとつの手だと思います!

さて、本題である“早慶対策特講”について説明させていただきます!

早慶対策特講とは基本的にその名の通り、早稲田・慶應への対策をメインとしています。主に早慶志望の生徒を集め、二次の過去問を皆で解くというイベントです!

さらなる目的は「二次の問題に対する抵抗感をなくし、演習量を上げさせること」、「個で行う勉強を集団化することにより競争心を煽り、また現状を把握してもらうことです」の2点です。

テストを終えた後は最新年度の大学の合格者最低点や科目別平均点などを見て、大学分析を行っています。

僕も現役時代そうでしたが、受験期の終盤は同じ志望大学の友達と集まって、共に対策し、勉強して、高めあっていくことはとても重要なことだったと思います。

受験もあとわずかです!最後まで前向きに頑張っていきましょう!!!  

市ヶ谷校 担任助手 鈴村峻弘

                

2012年 12月 15日 定期テストお疲れ様でした!いよいよ冬休み!

皆さんこんにちは。青山学院大学2年の松土恵大です。

皆さん、学校の定期テストがひと段落したようですね。テストが終わって喜んでいる生徒も多くいました。

受験生はいよいよセンター試験まであと36日。これから最後の追い込みですね。この時期は不安でいっぱいだと思いますが、その気持ちが勉強に向かわせていました。あれこれ考えずに、悩みは勉強することでしか解決しないと思うので、本番で1点でも多くとるために勉強していきましょう!

また、高12生はこれからが勉強の時間を確保できる時期ですね。部活なども多くあると思いますが、来年の4月、皆さんの学年が一つ上がったときにワンランク上にいる為には、そして受験勉強を優位に進めていくためには今の時期に基礎を固めておくことが大切なのです。なぜ大切なのでしょうか?

ここで、私の友人の失敗談を紹介しましょう。野球部に所属していた彼は、とにかく部活命で高校生活を送っていました。そして、高3の夏に部活を引退し「さあ、これから受験勉強だ!」と意気込んでいました。部活で鍛えた体力や気合にも自信がありました。しかし、それまでまともに勉強をしていなかった彼は、勉強が思うように進まず、かなり苦しみます。なぜなら、彼には勉強の基礎力が足りていなかったからです。野球で言えば、基礎体力がないような状態です。だから、野球がしたいのに、ランニングや筋トレしかさせてもらえない状態です。つまり、彼はまず英単語や熟語の習得にとても時間をかけてしまいました。したがって、文法や長文読解の勉強を開始するのが、かなり遅れてしまい、結果的に浪人することになってしまいました。彼の勉強するときの集中力は素晴らしいものがありましたが、勉強の遅れをカバーをすることはできませんでした。

もし、上に書いた生徒がどうやったら現役合格できたかを考えると、部活をやりながらでも基礎学力を習得しておくべきでした。受験勉強は、もちろん気合などの気持ちも大切ですが、それだけでは乗り切れないし、やっておくべきことはたくさんあります。

東進には、その基礎力を固めるために高速基礎マスターがあります。この時期に英単語・熟語・英文法を固めるにはもってこいの講座です。まずは、この冬休み中に一気に高2生は英文法まで、高1生は熟語まで完全修得しましょう。そのとき、大切になってくるのは、毎日高速暗記でトレーニングをすることです。英単語などを暗記するときのコツは、たくさんその単語に触れることです。毎日、100語以上触れるようにしましょう!そうすれば、単語に対しての抵抗も少なくなりますよ!その結果、どんどん勉強ができるようになる自分を想像して頑張りましょう!

東進ハイスクール市ヶ谷校 担任助手 松土 恵大

2012年 12月 14日 2012年12月14日 ~慎先生による英語学習アドバイス~

初めまして!こんにちは。

東進ハイスクール市ヶ谷校 担任助手の大内山文香です。

 

最近すっかり冬らしくなりましたね。

もうカイロが手放せません><

みなさんも風邪引かないように気をつけてくださいね!

 

今回は初めての登場なので、簡単に自己紹介をさせてもらいます!

 

私は明治大学法学部の3年生で、大学のゼミという専門演習では「国際経済法」について学んでいます。

出身高校は大妻高校で、高校のそばにあるこの校舎に高校2年生の夏ごろから通い始めました。受験生時代毎日通っていた市ヶ谷校に今も通えて毎日幸せです^^

 

さて、ここから本題に入ります。

今日は東進TIMES12月号から、慎先生による英語の学習アドバイスをお伝えしたいと思います。

 

東進TIMESとは毎月更新される大学進学情報試です。

学習アドバイスや、進学情報など、ためになること満載なので、ぜひ読んでくださいね!

 

○受験生○

受験生はセンター試験にむけて、最終調整をする時期になりました。

いまだに多く失点をしてしまう大問については繰り返し復習して苦手を克服する最後のチャンスです。特に、読解問題では、答えと考えかたがどちらも正解してはじめて理解できている。と考えるようにしましょう。そして、本番までに改めて調整してもらいたいのが時間配分です。演習では実際の試験時間より短い時間で解き終えられるように練習を重ねましょう。

試験本番では何が起きても焦らない心構えをしておくことが大切です。

 

○新高3生・新高2生○

新高2・3生は文法を理屈からしっかりと理解して、基礎を固めておくことが理想です。並行して、単語も固めていきましょう!地味な勉強のように感じるかもしれませんが、文法・単語はなくてはならない英語の土台です。完璧に覚えてから進むのではなく、単語帳1冊を何回も取り組むことでだんだんと確実に定着していきます。

12月23日にはセンター試験本番レベル模試もありますが、センター試験で出題されるような正誤問題において、正解以外の選択肢がなぜ間違いなのかという理由付けも今のうちから習慣づけておくようにすると長文読解力も身に付きやすくなります。

 

新先生の学習アドバイス、ぜひ今後の勉強の参考にして、一緒に頑張りましょう!

 

東進ハイスクール市ヶ谷校 担任助手 大内山文香

2012年 12月 12日 センター試験本番レベル模試まであと11日!

こんにちは!渡辺です。

今日は2012年12月12日12時12分12秒という同じ数字が続く瞬間がありましたね!

なかなかない機会なのでけっこうわくわくしていたのですが、あっさりその瞬間を見逃してしまったのでちょっとがっかりしています(~○~)笑

 

さてさて、今日で、3年生にとっては最後のセンター試験本番レベル模試まであと11日になります。2週間を切っていますよ!!

今は、どちらかというと二次試験の勉強に重点を置いている人が多いのではないでしょうか??しかし、センター試験の問題というのはやはり特徴的なので、長い間解いていないと、感覚が鈍ってしまいます。

今までにやった模試をもう一度解き直したり、授業のテキストであやふやな所を見直したりするだけでも十分効果はあると思います!

最後のセンター試験本番レベル模試で納得のいく結果を出すためにも、このような対策をして、試験に臨むようにしてください!

また、本番さながらの緊張感を持って試験を受けるようにしてくださいね!緊張していても本来の実力を出さなければ、合格は掴めません。今から訓練しておきましょう!

 

渡辺

2012年 12月 12日 新グループ面談始まり~!!!

『新グループ面談始まる!』

こんにちは。東進ハイスクール市ヶ谷校担任助手の植松和希です。

東進では12月1日から新学期が始まりました。高1生は高校2年生へ!高2生は受験生へ!意識を一つ上に持っていき、勉強に真剣に取り組みましょう。

 

また、東進では週に一度「グループ面談」というものを行っています。

グループ面談って?と思う方もいるでしょう!グループ面談とは週に一度集まり、これから一週間の予定を立てたり、担任助手からみんなへアツいお話をしたり、生徒同士で情報を交換し合ったりととても楽しい場所であり、みんなが切磋琢磨して頑張れる場所でもあります。

この写真は市ヶ谷校のあるグループ面談の風景です。語っているのは前田担任助手(慶應義塾大学1年)。どうやら先生のアツい思いが伝わったのか一人の生徒が興奮して立ち上がってしまったみたいです笑

楽しそうですね!!!

みなさんもお互いが高め合える、そんな勉強のライバルを見つけ、一緒に頑張りましょう!!!

 

東進ハイスクール市ヶ谷校 担任助手

植松 和希