受験という人生の通過点を迎えるにあたって☆竹中編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 8月 25日 受験という人生の通過点を迎えるにあたって☆竹中編☆

資料請求体験授業入学案内個別面談お申し込みはこちら

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

早稲田大学1年生の竹中紫乃です!

 

 

 

私は先日、中高時代の部活の合宿に行ってきました!

 

 

8か月前まで私もいた環境なのに、もう懐かしく感じました。

 

 

大学生になると、皆で決まった時間で動いたり、上下関係をしっかり守ったり、という行動が少なくなってしまい、自由な環境になります。

 

 

高校生のうちにしっかりと礼儀を学んだりするのも大事ですね。

 

 

 

さあさあ、8月センター試験本番レベル模試が終わりましたね。

 

 

復習、もう終わりましたか???

 

 

まだやっていない人は、もう、今すぐにやって下さい!

 

 

絶対にですよ

 

 

 

もうやった人は、

今回の模試で、さらに自分が何が弱いか分かりましたよね。

 

そこを速攻に埋めてください。

 

なんでかっていうと、もう、センター試験対策をガッツリやる期間は一旦終わりにして、

次はいよいよ第一志望校に向けての、一般入試対策に入るからです!

 

 

 

みなさん、あと残りの期間がどのくらいあるのか分かっていますか?

 

 

 

なんと

5か月後にはセンター試験が終わっています!

 

 

6か月後には、早慶の入試も終わり、国立の入試を控えたころになります。

 

 

あっという間ですね。

 

 

五か月前と言ったら…

 

3月ですね、思い返してみてください。

 

 

つい最近の記憶ではないですか?

 

 

その位、入試のスタートまではあっという間です。

 

 

緊張してしまうのは、自分が全力で勉強した証拠です

 

 

それを突き詰めて、勉強しまくって、「いける」という状態にすれば、

自然と緊張しなくなります。

 

だって、自分のできる事をやり切ったから。

 

 

その状態にできたら最高ですね。

 

 

”「やり切った」と思えるまでやった人は、合格しているものです”

 

 

 と、私が生徒のときに、校舎長がブログでおっしゃっていました。

 

 

 

その通りですね。

 

 

逆に言えば、やり切ったと思えなければ、受からないということですね。

 

 

今なら、時間の使い方次第で基礎も固めて、過去問演習にも時間を割くことができます。

 

 

やり切って下さい

 

 

 

新しくもらうテキストも、隅から隅までわからないトコロがないようにしましょうね!

 

 

 

 

資料請求体験授業入学案内個別面談お申し込みはこちら