私の大学紹介☆-早稲田大学理工学部編- | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 6月 10日 私の大学紹介☆-早稲田大学理工学部編-

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら

 

こんにちは!

 

本日も、東進ハイスクール市ヶ谷校のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます!

 

 

 

今日、ブログを書きます、早稲田大学創造理工学部環境資源工学科3年生の中嶋龍太と申します!!

 

 

 

 

 

今日の校舎の一枚です☆

 

 

今年の高3生の学習方針です!!

結構大変な目標ですが、市ヶ谷校の東進生は、このペースよりも早く頑張って勉強しています!!

頑張れ、市ヶ谷校の高3生!

 

 

 

 

 

 

本日は私が通っている大学、「早稲田大学理工学部」の紹介です!

 

 

 

この前は、早稲田理工のキャンパスの写真、実験の写真、研究室の写真などをお見せしたので、今日は、実際に早稲田理工の学部学科がどのように分かれているかを書きたいと思います!

 

 

 

今日は、理工学部について、詳しく分けてご紹介します!!

 

興味があるところだけ読んでみてください!

 

 

 

①基幹理工学部

 

基幹理工学部の理念は「理学、工学に拠らず基礎教育を重視する」ことにあります。その理念に賛同した学科が集まり、数学と基礎工学をベースとした、教育および研究を展開することを目的としています!

 

 

数学、応用数理という理学から、機械・電子系、情報系などの工学、そしてメディア・映像分野を含む表現工学まで非常にスペクトルの広い学問領域を扱っているのが特徴です!

 

 

 

数学をベースとしてしっかりとした基礎力を身につけることを重視しているところが共通しています!

 

 

 

つまり、「数学が得意な人」はおススメかもしれません…

 

 

 

「数学科」「応用数理学科」「機械科学・航空学科」「電子物理システム学科」「情報理工学科」「情報通信学科」「表現工学科」など、7学科に分かれています!

 

 

 

 

 

 

 

②創造理工学部

 

創造理工学部は社会と密接に結びついた領域を扱っています。私たちはそれを「実学」と呼んでいます。「実学」の内容は、創造理工学部を構成する学科を見てみると、より分かりやすいかもしれません。

 

 

 

建築学科:住環境や都市空間の創造に加えて、耐震技術について研究するなど、人間の生活そのものに深く関わっていますよね!

 

 

 

総合機械工学科:自動車や医療ロボット、宇宙構造物などの機械システムを創る技術を総合的に研究する学科です。

 

 

 

経営システム工学科は、生産・物流・通信といった経営ともの作りに関わる全体システムを構築する方法論の研究を行っています!

 

 

 

社会環境工学科:地震や津波から人々を守る環境防災から、社会インフラの設計、街づくりといった広い視点での社会に関するテーマを対象にしています!

 

 

 

僕の通う環境資源工学科:エネルギー問題、環境汚染の問題などを含め、資源循環型社会、地球環境保全の実現を目指した研究を行っています!

 

 

 

創造理子学部は人間そのもの、そして人間の文化と社会に直結した研究を行っていると言えます!!

 

 

 

 

 

 

 

③先進理工学部

 

先進理工学部の特徴は、物理、化学、生物、電気等、幅広い最先端の科学に触れられることと、それを実体験し身に付けられることです!!

 

 

 

先進理工学部には6つの学科があります。物理や化学、生命(生物)、電気など、高校で学ぶ科目名が含まれており、高校で学び興味を持った分野を、より高いレベルで理解し、実践する学部です。

 

 

 

今、興味を持っている学問がある人は、先進理工学部がおススメかもしれません!!

 

 

 

「物理学科」「応用物理学科」「化学・生命化学科」「応用化学科」「生命医科学科」「電気・情報生命工学科」の、6学科に分かれています!

 

 

 

もっともっと紹介したいことはたくさんありますが、今日はこのくらいにしておきたいと思います!

 

 

 

 

 

実際に、大学に来てみたり、大学生に話を聞いたりすると、非常にイメージも湧くかと思います!2週にわたって、早稲田大学理工学部をご紹介しました!

 

 

 

 

最後は、授業の写真をお見せして、今日のブログを終わりにしたいと思います!

 

 

 

 

長々と、ブログを読んでいただき、ありがとうございます!

 

明日は、別の大学紹介になっていると思いますので、またご覧になってください!

 

 

 

中嶋龍太

 

 

 

 

 

 

 

 

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら