もしも受験生活をもう一度やるとしたら…〈藤本 侑佳〉 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 2月 15日 もしも受験生活をもう一度やるとしたら…〈藤本 侑佳〉


 

 


新年度招待講習

 市ヶ谷校のブログにアクセスしてくださった皆さん、

 

こんにちは 😀

 

担任助手1年の藤本です!

 

私立最難関といわれる、慶應大学や早稲田大学の入試も始まり、

 

ついに、今までの努力の結果として、合格を勝ち取りに行くときがやってきましたね!

 

当たり前のことですが、入試は、合格するために受けるんです。

 

受験に行く前から、くよくよなんて絶対しないでくださいね(^^)

 

 

さて、今週のブログテーマは、

 

もしも受験生活をもう一度やるとしたら…

 

私は、昨年度、受験生だったので、

 

今年度、担任助手となり、受験生をサポートする側として、初めての1年を過ごしました。

 

自分の担当生徒と一緒に、

合格までの予定

合格設計図という、東進生全員が作成するもの)

立てていると、

 

自身の受験のときも、もっと自分を客観視して、

どの時期に、どの勉強をし、

いつまでの模試に、この点数まで到達していないといけなくて、、、

 

など、合格までのプロセスを、

低学年のうちから意識していれば良かったと、心から思います。

 

私は、受験生時代、国語が大の苦手でして、

高1、2の頃から、市ヶ谷校で、授業を受けていた訳ですが、

 

当時の私は、

授業さえ受けていれば、いつか模試も解けるようになって、苦手を克服できるだろう

という超超超甘い考えしか、持っていなかったんですね。

 

「いつか」っていつだよ!!!!!!みたいな(笑)

 

(笑)とか書いてますけど、実際笑えないです。

 

しかも、克服しようと本気で思っていなければ、いくらどんな良い授業を受けようが

点数には表れません。

 

「いつか」ではなく、明確な時期を決め、

それまでに克服する努力を本気でしないとダメなんです。

 

もう一度、受験生活をやるなら、

区切りをたくさん設定して、勉強に励みたいですね。

 

この日までに、この分野を完璧にする。

 

だから、今、これをやらないと間に合わないんだ、合格までたどり着かないんだ

 

自分が、何に向かって勉強しているのか、常に明確である状態をつくっておきたいなと

心から思います。

 

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

 

<市ヶ谷校には、頑張る受験生がたくさんいます!>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


新年度招待講習