東進に入ったきっかけ★竹中編 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2017年 6月 9日 東進に入ったきっかけ★竹中編

 

こんにちは!

いつも市ケ谷校のブログをご覧下さりありがとうございます。

今日は、竹中紫乃がお送りします。

 

最近はあっつくて、もう夏に対して恐怖を抱いています、私。(笑)

 

さあ、今日でこのテーマはラストになりますが、

『私が東進にはいったきっかけ』で書かせていただこうと思います。

 

私が東進に入学したのは、高校1年生の3月 (意外とはやい!!)

今は大学三年生なので、4年3ヶ月前ですか。かなり前のことになりますが、思い出してみますね。

 

高校1年生の私は、中学受験以来、勉強というものを一切してきませんでした。

それ以外のことをたくさんしていたんでしょうね、当時の私は。

思い返してみると、

毎日のようにある部活。珍しくOFFがあれば必ず友達とびに行き。無駄にディズニーや原宿に行き、夜はテレビを見る。

そんな生活しか送っていませんでした。

まあ、そんなことだから学校の定期試験は当たり前のように順位が悪かったですね。

再試験に引っかかるのは当たり前。毎回先生に心配されながらテストを受けて…順位は下から数えたほうが早い、というか下。

っていう感じだったので、私のお母さんは本気で心配してましたね。(笑)

 

そんな、私の母の心配が耐え切れなくなり、

ついに・・・「塾行きなよ」との言葉が。

塾!かっこいい。行きたい! と思う反面、なんも勉強してこなかったからついていけるかな…。ととても不安でした。

 

とりあえず、家に届いていた、K合塾と東進に行ってみようと決意しました。

まずは、高校の部活の先輩が通っていた東進に一緒に連れて行ってもらうことにしました。

(その先輩とは・・・知ってる人もいるかもしれません。遠藤先生です!)

 

学力診断テストを受け、自分のセンター試験の点数を知り、絶望の淵に立たされた私は、

渡辺勝彦先生の『情熱の5日間 不定詞』を受講しました。

 

今まで三単現のSの仕組みもわかっていなかった私は、感動しました。

私が不定詞を理解できてる・・・ととっても嬉しかったのを覚えています。

勉強のきっかけにしたい人は、ぜひこの機会に受講してみるといいかもしれません。

 

これが私が東進にはいった理由です。

 

そのほかの理由も挙げておこうと思います。

・塾のために部活を休まなくて済むこと

・部活終わってからでも授業がすすめられること

・家から遠く、学校から近いので、部活が終わったらすぐ~閉館まで長い時間勉強できる(18時半~22時)

(家の近くの校舎に行くとすると、19時半~22時となるので勉強時間が少なくなってしまう。&絶対に帰りたくなる)

・受験知識豊富で親身なスタッフがいたこと

・自分から行きたくなるような雰囲気だったこと

 

挙げたらキリがないですが、たくさんの理由があります。

 

最初は一歩踏み出す勇気が必要ですが、自分がこうなりたいなと思って頑張り始めれば、何とでもなります!

今は招待講習をやっていますが、この機会にぜひお越し下さい(^O^)

 

今日はここで失礼いたします!

竹中

★本日のグループミーティング紹介★

岩本です。本日紹介するグループは僕が担当している国公立文系の大学を志望校としている受験生たちのグループです。全員男です(笑)。なかなかおとなしい子が多いですが、みんな高い志をもって精一杯がんばっています!目指せ!全員第一志望合格!

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み