高校2年生ではなくて新高3! | 東進ハイスクール 市ヶ谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2021年 12月 11日 高校2年生ではなくて新高3!

こんにちは!
東京大学理科一類2年の佐々木です。
今回は、低学年に向けて冬休みの過ごし方を紹介したいと思います。

低学年の生徒の皆さん、
10月から11月にかけて新学年になりましたが、
新しい学年としてのスタートダッシュは切れていますか??
市ヶ谷校の生徒はまだまだ頑張れていない生徒が多いように感じます。
そこで今回は、新高3生に意識してほしい心構えを、
自分の体験も交えながらお伝えします。

まずこの冬休み1番意識してほしいのは、1月に行われる
「同日模試」
ここで先輩得点を超えられるかで1年後の合否が決まります。
(きちんとしたデータがあります)


先輩得点に追いつくために、あと約1ヶ月をどう過ごせば良いのか
(その前に明日は今年度最後の共通テスト模試がありますね)


まずは志望校と今一度じっくり向き合うことが大切です。


なぜ自分がその大学・学部に行きたいのかということはもちろん、
新高3になったからにはその大学の入試を受けるにあたって
必要な科目、点数配分、入試の形式や傾向
まで調べることが大切です。自分が行きたい大学について徹底的に調べることが
高3としての第一歩だと思います。


その次に、同日模試で得点するために
①伸ばす科目の優先順位
②それぞれの科目をどのように伸ばすか
(受講なのか、高Mなのか、それ以外なのか)
を決めましょう!担任・担当と相談して良いと思います!


それが決まったらあとは実行するのみです。

どれくらい勉強すればいいの??という質問がよくきますが、
新高3は丸一日勉強するのが当たり前です。
私が高2の時は部活も引退していたので
開館から閉館まで東進で勉強していました。
当時受験生だった先輩から受験生に間違えられたこともあります。
それほど猛烈に勉強していました。

皆さんは受験生に間違えられるほど勉強していますか?
毎日登校・毎日受講・毎日再合格ができていれば自然とそうなるはず。
まずは気持ちから高校3年生になりましょう!

そして約1ヶ月後の同日模試で過去最高の成績を叩き出しましょう!