過去問演習に関して☆竹中編 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 9月 26日 過去問演習に関して☆竹中編

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

 

こんにちは。

 

早稲田大学教育学部の2年生、竹中紫乃です。

 

さむいですね、最近。

私は冷え性なので毎朝ツライです、さむすぎて。

 

 

そして、やっと来週から学校がはじまります!

もう留学に行ってしまった友達もいるので、ちょっとさみしいです。

 

 

では、今回のテーマに行きましょうか!

 

『過去問演習に関して』

 

私も2年前、めっちゃめちゃやってました。過去問。

 

解説まで授業してくれるなんて本当にありがたかったです。。。

 

ところでみなさん、

過去問研究シートは書いていますか?

 

 

いやなにそれ?

 

って方、今日から使ってみてください!

(受付スタッフに声かけてみてください、もらえます)

 

 

まあまず、過去問研究シートってなに?

って話だと思いますが、

 

実に、過去問を研究するためのものです。

 

この年のこの科目はどんな問題が出て、どんなところで間違えて、じぶんにはどんな力が足りないのか をしっかりとまとめるいい機会になります。

 

例えば、この大学はこういった問題が出るから、次に演習する時までにここを補強しておこう!

というように次への対策を考えることができます。

 

何より、ここから 100年分位の過去問を解くことになります。

そうした時に、あの大学のこの学部はどんな問題がでて・・・・っていうのをイチイチ考えて、探して ってやっていたら時間の無駄です。

 

本当に大学によって傾向も対策も違うんです!当たり前ですけどね。笑

日本史・世界史だったら出題される時代も違うし、問題の出され方も異なってきます。

この学部には近代は出るけれど、こっちの学部には近代はでないから直前には他の時代の勉強をメインでやる!なんてこともしょっちゅうです。

それをひと目でわかるようにするためにも自分にとっての大事な資料になります。

 

まとめると

・問題の傾向を把握すること

・その大学に対する自分の苦手を知ること

・次に演習するまでに自分がしなくてはならないことを知る

・自分の志望する大学については絶対に知ること!!!!!!

 

簡単に言うとこんな感じです。

過去問は、大学からのラブレターって言われていますからね。大学側が求めていることが全て過去問に集約されているといっても過言ではないですからね。

しかも、分析すればするほど、対策もしやすくなるし、より傾向だって見えてきます。

時間はかかるけど大切なことです

 

 

私も演習するたび書いてました(^O^)

見たかったらいつでも言ってくださいね!

 

 

今日のところは以上です。

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み