過去問の重要性☆原田編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

2015年 10月 4日 過去問の重要性☆原田編☆

 


資料請求
体験授業

 

入学案内個別面談

 

 こんにちは!担任助手の原田です。

 

最近は寒くなってきましたね。今の時期文化祭などの人多いのではないでしょうか

 

事前準備などで体力を消耗してからの勉強は辛いかもしれませんが

”文化祭だから”という理由で勉強をサボるのはちがいますよ!!

 

そんなこといったら文化祭以外にも色々と理由をつけてサボってしまう人になります

 

どんな環境にいても自分の受験への意志を貫くことの出来る人になりましょう!

 

さて、今日のブログのテーマは「過去問の重要性」です

受験生はこの時期は過去問対策をしている子が多いと思います。

 

過去問の重要性…。みなさん考えてみてください

 

入試の本番まで志望校の過去問を解かずに会場に向かうことを

 

恐ろしいですよね。

その過去問で合格点を越えれば志望校に合格することができるんですよ!

 

そしたらやることは一つ

”過去問を解く”ことですよね

 

でもここで心配になることが”ただ解くだけ”で終わっていないか

ということです。

 

きちんとしたやり方で復習をしていますか?次同じ問題を出されたときに満点を取れる状態ですか?

問題を解いて、丸付けをして、点数を確認して終わり。

 

これはただの自己満足ですよ

 

過去問は確実に合格に近づく利用すべきものです

東進では志望校の過去問を最低でも10年分を3週です

 

今のペースで本番までに終えることができますか?逆算して考えてみてください!

 

ここからが本当の戦いになってきます

負けないで下さい!とくにメンタルの面で

 

入試本番で自分の頭の能力でなく、メンタルの弱さで負けるのは悔しいですよね?

 

入試本番まで、常に志望校に対する想いを忘れないで下さい。

 

今日も一日全力で!頑張りましょう!

 

原田

 

 

 


資料請求
体験授業

 

入学案内個別面談