読書の秋です | 東進ハイスクール 市ヶ谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2021年 11月 13日 読書の秋です

こんにちは!

明治大学情報コミュニケーション学部1年の森山紗帆です。

秋もどんどん深まり 寒さも増してきて、本格的に冬が見えてきましたね!

という事で、本日は私のオススメの本をご紹介致します。

それは『残像に口紅を』という小説です。

もしこの世から、『あ』という言葉が消えてしまったら、

どんな事が起きると思いますか?

この小説では、一つずつ文字が消えていきます。

具体的に説明すると、 『あ』が消えれば、

「愛」や「あなた」が使えないので

「君」「お前」といった言葉で代用しなければなりません。

章が進むごとに使える言葉が制限されるので

どんどん言葉遣いが荒くなっていきます。

そしてこの小説にはもう一つ 恐ろしくて切ない設定が隠されています。

その設定は、読んで確かめてみてください!

本をたくさん読むことは、

現代文に必要な読解力を養うために とても役に立ちますよ♪

この秋は読書の秋にしましょう!