英語の重要性☆小関編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 10月 5日 英語の重要性☆小関編☆

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

 

皆さん!おはようございますこんにちはこんばんは

 おひさしぶりです。

横浜国立大学 経済学部に通っております、小関綸子です。

 

 

なんでおひさしぶりになったかというと。

免許を取りに行っていました!いわゆる免許合宿ですね。2週間ほど教習所に通い詰めて、毎日運転と学科(標識とかについて学びます。)の勉強をします。

実際教官の中には、すごく怖い先生もいて、怒られ続けて運転した50分とかありました。

一見苦痛そうですよね。

でも、サークルの友達と一緒に行っていたので楽しかったです!!

 

 

 

さて、本題に入りましょう。

今回のお題は英語の重要性。

 

大学に入って強く思うことがあります。

それは英語を受験時代にある程度やっておいて、得意になっておいて良かったということ。

ただ、日本の受験英語には多々盲点があって、readingとしいて言うならばwritingしかできるようにはならないということ。

この二つは明らかに、重要です。

理系の生徒ならば論文を読むのに必要だと思いますし、文系ならば契約書などを読むときに将来必要でしょう。

 

 

でも、言語は読めたら終わりなわけではないですよね。

冷静に日本語に置き換えてみたときに、日本語の小説や雑誌は読めるけど話したり、聞き取ることはできないってことですよ。

結構それってへんですよね。

 

 

 

いま私はこの現象とまったく同じ未来に向かおうとしています。

大学内には留学生がたくさんいて、(9月入学制度でたくさんの外国人がまた入学してきました。)

すぐそばを歩いて、隣で授業をうけているのに。

日本人なら、隣の子に話しかけられるのに、外国人ならできない。

私が感じているもどかしさです。

 

 

 

結局何がいいたいかというと

今、皆がやるべき、いわゆる受験英語は基礎の基礎のキでしかないんです。

それができなきゃ、さらに難しい文章を読むにも、喋るにも、聴くにも融通は利きません。

 

 

 

2020年、今では想像もつかないほどの外国人の人たちが日本を訪れます。

東京オリンピックですね。

 

どんな方面でもいいので活躍してみませんか!?

 

今回はちょっと、受験の終わった未来の話でした。

 

それでは。

 

 

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み