科目別勉強法☆黒島編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2017年 5月 29日 科目別勉強法☆黒島編☆

本日もブログご覧頂きありがとうございます。

 

こんにちは!本日で二十歳になる中央大学理工学部人間総合理工学科の黒島綜一郎です。誰ですか、黒田とか黒澤って呼んでるのは。

 

化学って、習ったばかりだとなかなか上手くいきませんよね。私自身もそうでしたが、受験直前までには得意科目にすることができました!今回は「化学」の分野を大きく3つに分けて私の勉強法紹介します。

 

理論化学の範囲はとにかく量をこなすことが大切です。まずは、簡単な問題集、教科書で基礎パターンの解法をマスターします。その後で最も練習しやすいのが、センター試験の過去問題マーク模試の問題です。東進生はセンター過去問演習講座の大問別分野別演習を活用するのが良いでしょう。

 

次に、無機化学。知識が問われる部分が多いのが特徴です。私はインプットは東進ブックスの一問一答を活用し、何回もやりました。飽きるほど。答えを覚えている?それでいいんです。いつまでも記憶を残しておくことが大事です。

 

最後に、有機化学。なかなかの強敵ですよね(笑)苦労する受験生が非常に多いかと思います。私は、橋爪先生と受講市販の受験用問題集を1冊買い、学習していました。構造決定に関しては慣れが必要で、大学ごとにクセがでる場合もあります。自分に必要な問題を選んで何回もやりました。

 

ただし、メディカル系の大学(あるいは総合大学の医学部、薬学部など)を志望している人は頻出の分野が異なってくるので注意が必要です(特に有機化学)。化学は過去問分析が特に必要な科目と言えるでしょう。

 

どの科目もそうですが、インプットとアウトプットの繰り返しが基本です。毎日コツコツやっていくのが大事です。化学は分かった瞬間、おもしろくなりどんどん演習のやる気がでてきます指数関数的に伸びていきます。だから、「化学ができない!」って困っている人も、未来の自分を信じて頑張りましょう!

 

明日のブログは織原先生です。また、ブログ会いましょう。

 

 

本日のMVPです!!

 センター古文単語完修!!おめでとう!

 

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み