科目別勉強法☆岩本編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2017年 5月 28日 科目別勉強法☆岩本編☆

こんにちは!1日おいて、またまた岩本です!

今週のテーマは「科目別勉強法」です。僕は地理の勉強法についてお話ししたいと思います。

地理というと選択する人も少なく、また勉強してもあまり成績がのびないようなイメージを持つ人がいるかもしれません。

確かに歴史科目などに比べたら、成績は上がりづらいかもしれません。しかし、ちゃんとした勉強をすれば成績があがることは間違いないです!!

それでは具体的な勉強法についてお話ししたいと思います。

まず、地理の勉強において大事なこととして徹底的なインプットがあります。といっても、地理用語をたくさん覚えるといったことではありません。

地理のインプットにおいては、教科書、資料集、自分のお気に入りの参考書・講座のテキストなどを読み込むことが重要です。そうして、ある程度の傾向をつかみ、思考力を養いましょう!しかし、最低限の都市名や用語、生産量・国土・人口などの国別順位などは覚えないといけませんよ。

 

インプットが終わったら、あとはひたすら問題を解いてアウトプットです。特にセンターや2次試験対策に関しては過去問の演習を徹底してください!

地理の問題というのはそれほどバリエーションが豊富なわけではありません。一見違う問題のように見えても本質的には同じことが問われているといったことも多々あります。したがって、過去問をひたすら繰り返し解くことによってその試験でよく問われることを理解することが大事になってくるんです(たまに、過去問とほぼ同じ問題が出ることもあります)。

ちなみに、僕はセンターの過去問は10年分(それに加えて各予備校が出してるセンター模試の過去問をたくさん)、2次試験の過去問は20年分ほど解きました。

地理は現在のことについて問う科目だからそんな昔の過去問をといても意味はないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、昔の問題を解くことで現在の状況との変化やその要因を考えるきっかけともなります。最低でも10年分は解いた方がいいと思います。

なかなか成績の伸びにくい科目ではありますが、粘り強く頑張っていきましょう!

 

 

 

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み