私の一冊 | 東進ハイスクール 市ヶ谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2021年 11月 1日 私の一冊

こんにちは。早稲田大学文学部2年の中島です!

急に寒くなって冬の様相を呈してきましたが、

秋です。読書の秋ですね。

そこで今日は私の愛読書についてお話ししたいと思います。

私の一冊は

「我もまたアルカディアにあり」

(江波光則著、早川書房 2015.6.24)

です。

内容ですが、ざっくり言うと

「働かなくても良い世界であなたはどう生きるか」

を問う作品となっています。

多くの人は働く上でのキャリア形成の

第一歩として大学に入学し、

その後、金を稼ぐため好む好まざるとに関係なく

40年近くの長い時間をそのために費やすわけですね。

そんな前提のない世界でのお話です。

ディストピアのも風のSFテイストですが、

オムニバス形式となっており読みやすいです。

将来について多少なりとも考えることになる

大学受験を控えた方にぜひ読んでほしい一冊です。