私の一冊 ~中島編~ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2020年 11月 1日 私の一冊 ~中島編~

皆さんお久しぶりです。担任助手の中島です。

全国統一高校生テストも終わり結果も出た今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

本日は少し趣向を変え、模試をきっかけに本格的に受験勉強をスタートさせようという

高校2年生の皆さん向けに話をしようと思います。

本日話すテーマは「私の一冊」つまり中島の愛読書ですです。

すでに他の担任助手の方々が書いたテーマと被りますが、話します。

「私の一冊」、中島の愛読書は「我もまたアルカディアにあり」

という作品です。恐らく聞いたことがないという方が大半でしょう。

早川書房から出版されています。

ある一族を中心にオムニバス形式で進んでいく物語です。

細かい部分は省略しますが、一言でいうと

「働かなくてもいい世界であなたはどう生きるのか」

を問いかける作品です。

人生を大きく左右する受験が本格化に近づいてきて、

勉強以外に時間をさける最後のチャンスである今、

高2生の皆さんに是非読んでほしい一冊です。

「自分は将来どうしたいのか」「何のために大学を目指すのか」

を見つめ直すきっかけになるでしょう。

勿論、高1生の方、中学生の方が読んでも楽しめる一冊です。(中島が初めてこれを読んだのは中3時分でした)

興味を持った方は是非、手に取ってみてください!

勿論、勉強も引き続き頑張っていきましょう!