神林が思ったこと | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 8月 16日 神林が思ったこと

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

 

おはよう、こんにちは、こんばんは。

本日もいろいろな場所、いろいろな時間に読んでくださっていることと思います。

お久しぶりでございます、神林です。

元気にもりもり勉強してますか?

まず、神林って誰?って思った方、

4月まで担任助手として市ヶ谷校で働かせていただいておりました、まゆげの濃い男でございまして、

今はスケットとして東進によく顔をだしています。

さて、そろそろ本題にうつろうかなと思います。

神林が思ったこと、それはふたつあります。

 まず一つ目、

センター試験の点数どうですか?

上がっていますか?

その人はそのまま点数が上がり続けることを信じて勉強しましょう。

しかし、上がってないっていう人もいるかと思います。

その人はいったん時間を考えずにゆっくり解いてみましょう。

ゆっくり解けばできるのか、点数が上がらない理由は時間なのか、それとも文法力など別のものなのか、

自分に足りないものを見つけるためにもいったんゆっくり解いてみることをすすめます。

さて、ふたつめです。

まず、神林は東進を旅立ってからなにをしているのかというと、

個人経営の塾で中学生・高校生に対して勉強を教えております。

予備校をやめてなぜまた、予備校で働いているのかというと、それは自分の将来の夢が教師だからです。

さて、ここで言いたいのは夢を持て!とかそういうことではなく、

受験を終えて大学で勉強しながらアルバイトもして、サークルもして、というのは正直とても大変なんです。

それは受験勉強の比ではないですよ。

まぁサークルは最悪しなくてもいいけれども、大学生になったらアルバイトはしなければなりません。

大学生なのだからいつまでも親にお小遣いをもらって、ケータイ代をだしてもらって、そんな親のすねをかじるようなことはありえませんよ。

大学生になってからも親になんでもお金をだしてもらおうと思っている人、恥ずかしいですよ。

大学生になったらしっかり自立しましょうね。

んで、そのアルバイトと勉強の両立が大変なんです。

最近の大学は一昔前のような課題をぜんぜんださないようなへなちょこな場ではなく、

レポートやら発表やらがだいたいあります。

その準備におわれながらもアルバイトもして、人によっては車の免許をとって、サークルもして、

大変そうじゃないですか?

いま受験勉強でつらいかもしれないけれども、大学生になって、さらに社会人になったらもっと大変なんです。

社会人なんてそんなに休みないですしね。

古文の吉野先生の

「今頑張れない奴は一生頑張れない、今頑張れば一生頑張れるかもしれないじゃないか」

という言葉があります。

これから社会にでて厳しい現実に直面するのに、

今の受験勉強をのりきれない人は社会人としてもうまくいきませんよ。

つらい受験勉強だけれどもなんとか乗り切って、その先の社会でも活躍できるようになってください。

以上。

 

[today’sMVP]

早慶説明会でやる気SS判定

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み