模試の活用について ~中島編~ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2020年 9月 30日 模試の活用について ~中島編~

皆さんお久しぶりです。担任助手の中島です!

学校の文化祭も近づき、涼しくなってきた今日この頃、受験生の皆さんは変わらず勉強に追われていることと存じます。

本日は皆さんに、模試の活用についてお話したいと思います。

 

9月も過ぎると他の予備校でも東大模試や早慶オープン筆頭に、冠模試とよばれる模試が盛んにおこなわれます。

もちろん共通テスト模試も多くあります。

基本的に模試は、受けられるだけ受けるのがいいと思います。

やはり自分の立ち位置志望校との距離はリアルタイムで把握すべきです。

そしてそれ以上に重要だと思われるのは、場慣れするということです

たかが模試だと思っていても、やはり実際に受けると少なからず緊張します。

そういう経験を多く積むことで、本番での過度な緊張を回避できるのだと思います。

 

東進スタッフたる私が他の予備校の模試を推奨しまくるのはちょっとアレですが、

他塾も含め模試はなるべく受けるようにしましょう。

もちろん、東進生の皆さんは東進模試は絶対受験です!

そして、10月25日の全国統一高校生テストも絶ッ対です!

登録がまだの東進生は今すぐ登録しましょう!