全国統一高校生テストを終えてすべきこととは?【Part2】 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2014年 10月 29日 全国統一高校生テストを終えてすべきこととは?【Part2】

 

 



 

 おはようございます!

 

こんにちは!

 

こんばんは!

 

担任助手の谷口です

いろんなところで読んでいただいていると思います!

本日も昨日に引き続き

模試後の勉強法について

書いていきたいと思います!!

1週間に模試前の勉強法を書いていますのでぜひとも

あわせて読んでいただけると良いと思います。

 

 

 FIRST

模試が終わったら自己採点を必ずして下さい!

 

なぜ自己採点をするのでしょうか

模試は基本的に自分の成績表が帰ってくるのはとても遅いです

東進ハイスクールの模試は1週間やそこらで帰ってきますが

他塾は2ヶ月以上あとのものもあります

そんなときに自分の成績を初めて知って何のいみがあるでしょうか??

本当にMUDAです!

 東進は帰ってくるのが早いので意味はありますが

自己採点の本当の意味は自分の成績を知るということにとどまりません

自己採点をする過程でどこをどのように間違えたのかを順を追って知ることができます

成績帳票はそのあとにほかの人がどれだけ間違えたのかを知るために見るべきです

 

 

 NEXT

自分が苦手な分野、問題を全て洗い出してください

必ず次回の模試までにできるようにしましょう

自分が何ができて何ができないのかを

明確に知り、克服しなければ

得点を伸ばすのは難しいでしょう

そしてみなさん

想像してみてください

今回の模試で出題された問題を次回の模試の前日にやったら

満点を取ることができるとおもいますか??

復習をもうすでにした人だったら

「できるかも!」

と思うかもしれませんね

ですが少し考えてみてください

前回の模試の問題を今解いたら満点を取ることができると思いますか?

こう考えると難しいと思う人もいるでしょう

つまり模試の前にもう1度解きなおす道具が必要なんです

ですから、間違えた問題、怪しい問題は必ずまとめて、形に残しておくのがベストです

 

 

NEXT

ぜったいに

スケジュール帳の次回模試の近辺に

「前回の模試の復習」と記入しておきましょう

そうしないとやるチャンスを逃すことになります!

 

こんなもんです

模試を活用してバンバン成績を伸ばしていきましょう