東進に入学してよかったこと(藤根) | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2020年 5月 13日 東進に入学してよかったこと(藤根)

みなさんこんにちは!!

慶應経済の藤根です。お久しぶりです!

 

今回は高1から東進市ヶ谷に通っていた藤根が思う、東進ハイスクールの魅力についてお伝えしたいと思います!

 

 

 

①何度でも好きなところを聞きなおせる映像授業

直接先生が講義してくれる対面授業形式の塾や学校の授業もそうなのですが、先生の話を聞き逃してしまったり理解が追い付かなかった箇所があっても、授業はそのまま進んでしまいます。

しかし、東進の映像授業では、わからなかったところ、苦手な単元の授業を何度でも繰り返し聞くことが出来るのです!!

実際私の場合、スタンダート世界史の運河の話は、本当に秋ごろまで何度も何度も受講していました。

一回の授業のなかで聞きたいところだけ抽出して受講できるのもいいところですね!

 

 

②周りに相談しやすい環境

前回熊谷先生も言ってくれていたのですが、特に東進市ヶ谷は生徒と担任助手の距離が近いことが強みだと思います!!

市ヶ谷校は規模が小さいので、今働いている(今年度はまだあまり会えていないですが)大学生たちのなかにも見たことがある人は多いのではないでしょうか?

私にとっても、見たことがある一個上の先輩が校舎で働いていたのは、不思議と安心感があり、自分の担当の先生でなくとも気軽に相談しやすかったと思います。

正直、去年一年間、私は学校の先生や両親、高校の友人へよりも辛いこともたくさん相談して、担任助手の皆さんは一緒に受験を乗り越えてくれた存在だったとすら言えます。

近い距離で働いている、似た環境で一年前に努力し、難関大合格を勝ち取った先輩は、勉強法や大学のことを相談するのには最強だと思います!

 

 

 

以上2点が、私の思う東進ハイスクールの、市ヶ谷校の魅力です!

 

 

 

コロナウイルスの影響で今年の受験がどうなるのか、本当に先が見えません。毎日が不安で仕方がないと思います。

 

ですが、だからこそ、こんな暗いご時世、先の見えない状況でも努力し続けられている市ヶ谷校のみんなは本当に素晴らしいです!!

毎日勉強している皆さんは、自分がすごいことをしているんだと自分を本当に褒めてあげてください!誇ってあげてください!

どうかご自愛して、今日も一日頑張りましょう。

また校舎でお会いできるのを楽しみにしています!