新学年になるに向けての勉強方針☆笠井編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 2月 9日 新学年になるに向けての勉強方針☆笠井編☆

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら

 こんにちは!!

 

東進ハイスクール市ヶ谷校担任助手笠井です!

本日2/9は私が2年前に第1志望である東京理科大学機械工学科を受験した日です!

 

もう2年前なんだなぁと思うとかなり感慨深いものがありますね。

わたしが受験した、その日も天候が悪かったのですが、皆様も悪天候と体調不良には気をつけるようにしましょう!!

受験は中盤ですが、うまくいっていなくてももう自分なんて…ってとは絶対に思ってはいけません!!

 

ということで、本日のテーマは

 

「新学年になるに向けての勉強方針」です!!

あと2ヶ月したら皆さんまた、新しい学年になりますね。

 

そこまでになにをしようとか、なにをしたいとかあるかと思いますが…

まず、新受験生についてアドバイスしたいと思います。

 

新受験生はまず理科・社会に手をつけること、これを受験生になるまでにやりましょう。

7月になるまでに、全て一通り学んでおかないと、夏休みに演習ができませんね。

夏休みになってインプットやっていることはかなりのビハインドとなってしまいます。

 

特に2科目社会科や理科がある人は、倍の時間がかかることを考えても、3月末までには、しっかりおさえておきたいですね。

そして、もちろん、英語、数学はハイレベルになればなるほど、早めに形にしなくてはいけません。

東進のデータとして、4月のセンター試験本番レベル模試で文系の場合「国語と英語」、理系の場合「数学と英語」が320~340の点数をとっている人の早稲田の合格率が約40%程度なので、かなりシビアな世界になっています。

なので、早慶を志望する生徒は少なくとも4月のセンター試験本番レベル模試で主要科目8割はほしいですね!!

 

それを踏まえてかんがえると新高校2年生も目標がおのずと見えてくると思います!

新高校2年生はまず、主要科目完成をしっかりめざしましょう!!!

 

本日もブログを見ていただきありがとうございました。

また明日も見ていただけるとうれしいかぎりです。

では

 

笠井

 

 

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら