成績が一番伸びた瞬間☆新沼編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 12月 5日 成績が一番伸びた瞬間☆新沼編☆

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

 

 

 

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

今日も市ヶ谷校のブログを読んでいただき、ありがとうございます:)

 

早稲田大学政治経済学部1年の新沼美月です!

 

12月になり、新高3・高2の生徒の努力量も目に見えて増えていると思います!いいことですね。

受験生のみなさんは、そろそろ高校の授業が終わるという時期ではないでしょうか。

ぜひ最後まで高校生活を楽しんでもらいたいです!

 

さて、

今日も「成績が一番伸びた瞬間」について書きたいと思います。

 

私が成績が伸びたのは

①高3の6月のセンター模試

②受験直前の12月~1月

です!

まず、①高3の6月のセンター模試について。

<4月センター模試>

英語:172点 世界史:74点

<6月センター模試>

英語:190点 世界史:94点

この2教科が特に伸びました!

英語は、この模試で夏期合宿のクラスが決まる、という大事な模試だったので、

「絶対1番上のクラスに行く!」という思いを持って、直前に高速マスター・センター演習をやりまくりました!

世界史は、6月上旬(模試の2週間くらい前)に通史がすべて終わったので、その復習を近代史を中心にひたすらやってました。

 

そして、②受験直前の12月~1月について。

この時期は、

・英作文の向上

・既知の知識(世界史・国語の文学史など)の整理

が特に成果があった分野だと思います。

 

私は本当に英文法が苦手で、過去問の添削で15点中0点(すべて文法ミスで失点)をとったことがありました…

これでとても焦り、毎日自分でトピックを考えて英作文を書きまくりました。

また、苦手分野の既知の知識をすることで、理解が深まり、また自信をもって入試に臨むことができました!

 

成績がのびた時期の紹介をさせていただきましたが、2つの時期に共通するのは、

大きな気持ちの変化があったということです

6月は、部活を引退して受験に本気になり、

12月は受験直前に弱点に気づいて焦りと危機感が高まった時期でした。

みなさんも、一つ一つの出来事を小さなことと思わないで、成績をあげるきっかけにしてください!

 

新沼

 

 

資料請求

体験授業

個別面談"入学申込み