強い信念を持つこと。 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 6月 29日 強い信念を持つこと。

資料請求体験授業

入学案内個別面談


公開授業

お申し込みはこちら

 

 

みなさん!!

 

こんにちは!!

 

Itsukiです!

 

Oriharaです!

 

 

改めまして、千葉大学法政経学部1年 織原 樹 です。

 

 

昨日6/28は、第3回センター試験本番レベル模試でした。

 

結果はどうでしたか?

 

納得いく結果が出せましたか?

 

ベストを尽くせましたか?

 

模試が終わって、一人一人思うところがあるでしょう。

 

必ず次に生かしましょう。

 

市ヶ谷校の生徒は校舎で詳しく話を聞かせてくださいね。

 

 

 

さて、本日のテーマは

 

「強い信念をもつこと」

 

です。

 

 

受験勉強をする、いや一つのことを成し遂げようとするとき、

 

大きな武器となるのが

 

自分の中にある、強い信念です。

 

みなさんはどうですか?

 

このブログを見ている大半が高校生であると仮定して書きます。

 

大学受験という大きな大きな試練を迎えるに当たって、

 

自分だけの信念をもっていますか?

 

 

強い信念は時として自分を助けてくれます。

 

道を踏み外そうになったとき、受験勉強から逃げ出したくなったとき、

 

正しい道へと自分を戻してくれます。

 

まるで、体の中に一本通った、太い芯のように。

 

その芯、つまり信念さえしっかりしていれば大丈夫です。

 

大学受験も、いやその先だって戦えます。

 

 

 

いや、織原よ!

お前の言ってることはきれいごとすぎるよ

 

と、思った方

 

もしかしたらそうなのかもしれません。

 

しかし今日のブログはせめて最後まで読んでください。

 

どうしても伝えたいことがあります。

お願いします。

 

 

先ほど、強い信念があれば大学受験、その先だって戦える 

と書きました。

 

実際、私がそうでした。

 

当時の私は高校が明治大学の付属だったため、

定期テストさえしっかりとれば、ほとんどの人が明治大学に進学できるという状況下にいました。

 

そのため、大学でやりたいことが見つかって、それが他の大学にあり、

外部受験をしたいとなったとき、

親から猛反対を受けました。

 

普通に勉強していれば大学にそのまま進学できる。

 

それにもかかわらず、わざわざ違う大学を一般受験する。

 

そんな状況にいたので反対されるのも当然だったのかもしれません。

 

 

 

学校はもっと過酷でした。

 

周りの友達は勉強していない。常に遊んでいる。

 

また、当時の私の学力が学力だったため、受験するとなったら完全にネタにされていじられましたね。

 

まあ、それはおいしかったですけれども(笑)

 

あと先生はまったくと言っていいほど、ありえないほど応援してくれない。

 

これも、付属校ならではで、当然のことだったのかもしれません。

 

 

 

高3になった私は何度も何度も受験をやめようと考えました。

 

とくに秋以降なんてほぼ毎日考えてました。

 

周りの進路が早々に決まるため、1ヶ月くらい誰もいない教室に通って自習することもありました。

 

ほんとにつらかった。

でも、午後から東進に来ると市ヶ谷校のみんなは頑張っている。

「ああ、俺だけこんなところで弱音吐けないな。がんばろ。」

 

東進の仲間、グループミーティングの仲間を見て、助けられたこともありました。

 

 

しかし、何よりもこのつらいとき、長い受験生活を乗り切ることができたのは

 

私にしかない信念を持ち続けられたからだと思います。

 

大学受験をしようと決意した日からずっと変わらずです。

 

いや、今もかもしれません。

 

自分の学びたいことを学ぶために、やりたいことをやるために、

この大学、この学部に行きたいという信念です。

 

それをつらくなったとき、逃げたくなったときに思い出すようにしました。

 

だからどんなにつらくてもあきらめられなかったし、あきらめたくもなかった、

 

あきらめて投げ出したら、自分にもその信念にも負けるような気がして嫌だったのです。

 

そんな気持ちで日々受験と戦っていました。

 

 

 

さあ、みなさんにも、もう一度原点に戻ってみてほしいです。

 

大学受験を決意したその日、その気持ちを思い出してみてください。

 

目をつぶって考えてみてください。

 

きっとみなさんにも譲れない信念があるはずです。

 

人によってそれは、まったく違うし、強さだって違うと思います。

 

でもきっとあります。

 

それをもっと大事にしてほしい。

 

本当につらいとき、自分を助けてくれるのは、その信念しかないのです。

 

その信念が自分の体の中の芯となって、自らを支えてくれるのです。

 

自分を正しい道へと導いてくれるのです。

 

 

さあ、

長くなりましたが、今日私が伝えたかったのは

 

強い信念をもって生きてほしい

 

ということです。

 

 

今日は大学受験について多くを語りましたが、

 

これは、人生においても言えることなのではないかと思います。

 

高校を卒業して、大学に進学して、企業に就職して、社会に旅立っていく。

 

大学、社会に出ても、平気でつらいことばかり訪れるでしょう。

 

そのとき、自分を助けてくれるのは、支えとなってくれるのは

 

「信念」

 

です。

 

それを忘れないでほしいです。

 

 

さあ、ここまで長々と書いてきましたが、

 

私の気持ちが少しでも伝わっていたら光栄です。

 

本日は以上です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

明日も楽しみにしていてください。

 

 

織原 樹

資料請求体験授業

入学案内個別面談


公開授業

お申し込みはこちら