夏休みの過ごし方☆笠井編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 6月 16日 夏休みの過ごし方☆笠井編☆

 

資料請求体験授業

 

入学案内個別面談

 

こんにちは!

 

東進ハイスクール市ヶ谷校担任助手笠井です!

 

すっかり暑くなりましたね!皆さんバテていませんか!?

 

急な温度変化は体調不良の原因にもなりますからきをつけてくださいね!

 

ここでイベントを紹介します!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別公開授業

 

西 きょうじ のダイナミック英文法特別編

名詞と冠詞の基本体得しよう

 

日時

 

7/14(火)

 

19:30~21:30

 

英語に悩んでいる人はもちろんモチベーションが上がらないなと思っている高校1,2年生に必見です!!

 

友達も誘ってみんなやる気になってライバルになろう!!

 

ちなみにこのポスターは、市ヶ谷校に通う生徒が作ってくれました!!

 

すばらしい!!

 

本日のテーマに移りたいと思います!

 

「夏休みの過ごし方」ということで、受験生にとっては、非常に大切な夏ですね。

 

ところで、東進ハイスクールに通っている受験生は、夏は何時間勉強するか、皆さんはご存知ですか???

 

なんと 

 

 

15時間!!!!

 

 

夏休み累計すると

 

 

15×40=600時間!!!!

 

莫大な時間ですね。

 

平日で換算すると、

 

一日できて5時間ですから

 

120日=3ヶ月分なわけです。

 

これが重要でないわけがないです!

 

重要性を理解していただいたところで私の夏のスケジュールをみましょう。

 

5:30  起床  すぐ高速基礎マスター講座の単語・熟語

 

7:00 東進登校  センター試験対策

 

12:00 二次対策

 

21:00 下校

 

いま考えると壮絶な一日ですね笑

 

ポイントはやはり朝の高速基礎マスター講座とセンター試験対策ですね!

 

朝起きて、毎日やるという習慣は英語力を鍛えるだけでなく、精神力を鍛えられます。

 

これを続けることで自信にも繋がるんですよね。

 

また、東進ハイスクールでは、夏にはセンター試験対策をやることに重点をおいています!

 

センター試験の1ヶ月くらい前にやればいいんじゃないの?と思うかたもいるでしょう。

 

しかし!

 

センター試験は、基礎的な問題が本当に多いです!

 

センター試験の点数がとれていないのに、二次対策がうまく進まないのは当然です。

 

また多くの現役の受験生は、センター試験があまり得意ではないのです。

 

なぜなら、圧倒的な、演習量の不足ですね。どうしてもinput型の授業などに多くの時間をかけなければいけない以上仕方ないです。

 

それを解決してくれるのがセンター試験対策なのです!

 

一定の時間で、問題を解く訓練は重要なんです。

問題集だけでは、1.2問に一時間かけてしまうこともありますし。

 

もちろん配分よく、センター試験対策と二次対策をしっかりやる必要がありますが、そこは、計画をしっかりたてて実行しましょう!

 

夏を制するものは受験を制する

 

大事な時期です(もちろん高校1.2年生もですよ!)。いまからしっかり夏の計画をたてましょう!

 

本日も見ていただき有難うございました。

 

また明日も見ていただけると幸いです。

 

笠井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料請求体験授業

 

入学案内個別面談