夏休みの踏ん張りどき☆織原☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 8月 10日 夏休みの踏ん張りどき☆織原☆

資料請求体験授業入学案内個別面談お申し込みはこちら

みなさん!

 

こんにちは!

 

Itsukiです

 

Oriharaです

 

改めまして、千葉大学法政経学部1年織原樹です

 

 

ついに私、8月7日をもちまして大学の前期のテストが終了しました!

 

さあさあここから、夏休みが始まりますよ。

 

楽しみでしかたありません。

 

私、織原、1大学生としてまた1担任助手として様々なことにチャレンジしたいと思っております。

 

なんて、私の話はどうでもよいのです。

 

 

いやでも、あと少し。

 

大学生というのはサッカーでいうところのロスタイムだと思うんです。

 

「なんだよ!いきなり!」 って?

 

少し我慢して聞いてください(笑)

 

大学生はまさにロスタイム。

 

もう社会に出ていける年齢になっても

 

まだ学生でいようとする。

 

とどまって、何かを求めようとする。

 

4年間過ごした後に、何も得られなかったな、タイムロスだったな

 

と思うような大学生活は絶対に過ごしたくないですし、

 

いま高校生のみなさんにも過ごしてほしくないです。

 

 

なんて語りましたが

 

ほんとうに高校生のみなさんにも大学生のみなさんにも

 

大いにもがき苦しんで何かを求め抜いてほしいです。

 

 

さあ本題に入りましょう!!

 

本日のテーマは「夏休みの踏ん張りどき」

です。

 

本日、8月10日は東進の夏休みが開始してから24日目、

 

また残りの夏休みは21日。

 

実はもう折り返し地点を過ぎています。

 

 

受験生のみなさんに問いたいです。

 

へばってないですか?

 

中だるみしてないですか?

 

ペース緩めてないですか?

 

 

もし当てはまる人がいたら言いたいです。

 

なに自分に甘えてるんですか!

 

夏休み最初の勢いそんなもんじゃなかったでしょう!

 

夏期合宿で見せてくれた根性・気合いはそんなものじゃなかったでしょう!

 

いまが踏ん張りどきです。

 

たしかにここで集中力が切れかかることは分かります。

 

でも、そこで流されてどうなるんですか!

 

強い気持ちを持ってください。

 

自分を見失わないでください。

 

 

みなさんならできます!

 

踏ん張ってください。

 

耐えてください。

 

必ず後で振り返ったときにここで頑張って良かったと思えるときがきます。

 

 

残り21日の頑張り、織原は楽しみにしています。

 

 

本日は以上です。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

 

明日も楽しみにしていてください。

 

織原 樹