受験生時代の朝ごはん ~中島編~ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2020年 11月 21日 受験生時代の朝ごはん ~中島編~

皆さんお久しぶりです。担任助手の中島です。

共通テストまで2ヵ月を切り、受験生の皆さんはいよいよもって

戦々恐々とした毎日を過ごしていることと思います。

そんな1分1秒を無駄にしたくない皆さんに、

中島の受験生時代の(というか今もですが)、朝ごはん事情をお話ししようと思います。

10月に書いた模試についてと違ってガチな話ではないので、

軽い気持ちで読んでくれたら幸いです。

皆さんは朝はどんなふうに過ごしているでしょうか?

ギリギリまで寝る、ごろごろする、スマホをいじる、

いずれも不正解です。

もうお分かりですね。そうです。朝も勉強するのが正解です。

そう考えるとおちおちごはんも食べられません。

結論から言うと、中島は受験生時代朝食を食べていませんでした。

しかしなにも取らないのは不健康ですよね。

ではどうしていたか?

中島は砂糖たっぷりのインスタントコーヒーを毎朝の朝食としていました(これを朝食と呼ぶか否かは人それぞれだと思いますが)

これは今でも続けています。習慣を変えるのは難しいものですね。

単純に面倒、健康番組等の朝食至上主義へのアンチテーゼといった理由もありますが、

これは結構お勧めです。カフェインで眠気も吹き飛ぶからです。

紅茶派の人は紅茶にすればいいでしょう

とはいえ、今から習慣を変えるのは難しいでしょうし、第一無理だと思います。

明らかな悪習以外はそのままでいいでしょう。

しかし、朝の時間を有効活用できたらかなり強い

ということは肝に銘じておいてほしいです。

残り時間もあとわずかですが、全力で走り抜けましょう!!