受験生時代の失敗談☆黒島編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2017年 9月 28日 受験生時代の失敗談☆黒島編☆

 

みなさんこんにちは!

 

担任助手の黒島です。ちょうど、大学生の夏休みもおわったころです。

 

みなさん、第一志望合格に向けて頑張っていると思いますが、今日は少し雰囲気を変えて、、私の受験生時代の失敗談についてお話ししたいと思います。失敗から学ぶこと、たくさんあると思います。参考までに、ぜひ最後まで、読んでください!

 

私の反省。それは、理科や数学ができてない状況での入学で受講に追われていたため、センター過去問演習講座の開始もかなり遅れてしまいまったことです。その結果、数学においては演習量が全くたりず、模試では散々な結果でセンター本番も全く振るわない結果となってしまいました。また、センター演習も気まぐれで行うようになってしまい、効率的な学習ができなかったのも反省です。

 

今、センター過去問演習講座を始められている人は今のうちから躊躇せずにどんどん大問、分野別演習をやっていくのが絶対良いです。でないと、気づいた時にはもう遅いです。わたしはここで早期完成の重要性を痛感しました。そして、効率も大切です。効率化をを図るために今やっている受講が決められた期限までに終わるように計画を立てるのも大切です。

 

さて、ここでまた、私個人の話になりますが、現役時代、私は一生懸命に受験勉強に励んできました。その結果、いくつかの大学に合格は出来たものの、もう一年頑張る決意をしました。そこでいっしょに受験を頑張る友達の存在はやはり欠かせないものだと実感しました。無機質に日が過ぎて、全く陽のあたらない生活してきました。現役時代の自分より頑張ることができませんでした。結果、1年経ても第一志望に行くことはできませんでした。

 

私が何を言いたいのかというと、「最後の最後まで受験を諦めないで欲しい!」。成績が思うように伸びず悩んでいる人も多いと思います。浪人するという覚悟あるくらいなら、今目の前にあるものに集中してください。今あるみんなの環境は受験を一緒に頑張る友達がいる素晴らしい環境なのですから!

 

結局、最後の最後まであきらめない人が成果を勝ち取ります。ぜひ、自分を信じて努力を続けてください!

 

黒島

 

全国統一高校生テスト

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み