受験生時代の失敗談☆川越編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2017年 9月 24日 受験生時代の失敗談☆川越編☆

 

こんにちは!本日もブログを読んでくださり、ありがとうございます。

市ヶ谷校担任助手二年生、川越美穂です。

 

今週からわたしも夏休みが終わり、秋学期の授業がはじまりました!

今学期の目標は、

①スペイン語の授業内容を完璧にして、来年むずかしいクラスの授業をとれるようにする!

②今年からはじめたビジネル英語の勉強を年内にやりきる!

です。がんばります!

 

今日のテーマは失敗談についてなので、私の受験生時代の失敗だったなとおもうことについて書きたいと思います。

 

私の受験生時代の失敗談、それは…

「国語の完成が遅かったこと」

です。私は入学当時(高2生9月)英語が苦手でした。しかし、英語がとっても難しいところを志望していたので、高校2年生のうちは「英語!英語!!英語!!!」と英語中心にほとんどを英語の勉強に費やしていました。

 

しかし!高校2年生の3月にあることに気が付きます。

「国語が出来ない!勉強の仕方もいまいち分からない・・・」

 

そのことに気が付いてからそれまで以上に、受講、センター演習、過去問演習、、国語の勉強もしっかり行うようになりました。

林先生の現代文、板野先生の古文…

習ったことをもとに毎日演習…

これらを行った結果センター国語8割弱まで伸ばすことが出来ました!

 

しかし、国語の学力完成が入試直前であったために、第一志望校であった早稲田大学国際教養学部には届きませんでした。

 

いま振り返ってみて思うのは、国語や数学などの主要科目は英語同様、早期に完成させること(高校三年生8月には本番と同じ点数を取る)がほんとーーに重要!

 

10月に新学年を迎える高校二年生、一年生!三年生の4月からはじめるでは本当に間に合いません!

早期スタート、早期完成にこだわってほしい!

 

というのがわたしの失敗談を踏まえてのメッセージです。

頑張ろう!

 

川越

全国統一高校生テスト

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み