受験生への最後のメッセージ。 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2018年 2月 24日 受験生への最後のメッセージ。

 

 

こんにちは!会田です★

このブログが公開されるのは2月24日。

周りがどんどん受験を終えていくなか

頑張っている受験生に向けてメッセージを書きます。

 

 

私も去年のちょうど今頃は受験生でした。

受験生活を最後まで頑張りぬいてみえたことは、

「誰かのために頑張る」ことの凄さでした。

受験直前の2月あたま、

自分でもコントロールしきれないほどの脱力感に襲われました。

合格をもらったわけでもなく、

受かる自信があったわけでもないのに

なぜか勉強のモチベーションが見つからず苦しんでいました。

日々の過去問では自分の足りないところばかりが目につき、

勉強してもしても見つかる穴。

がむしゃらに勉強しなくてはいけないことはわかっているのに、、。

あの時あのまま受験に挑んでいたら確実に自分の望む大学に入れていなかったと思います。

崖っぷちに立った時、

一番に考えたのは、

私の受験を応援してくれている人たちのことでした。

毎日東進から遅くに帰ってくる私を家で待ってくれる母や、

私にちょっかいを出して元気をくれる父、

勉強の邪魔をしないようにとテレビの音を小さくしてくれる姉たち、

絶対受かると信じてくれる大好きな友達や、学校の先生。

そして一緒に戦ってきた担任助手。

みなさんにはひとりひとり担任がいて担任助手がいますね。

私の場合は竹中先生と原先生でした。

思うように結果が出ないときも一緒に戦略を考えてくれたり、

間違った方向に行かないように勉強の方向性をいつもしめしてくれたり、、、。

 

こんなに応援してくれている人がいる、、、

合格したら絶対思いっきり喜んでくれる、、、

 

そう思うと自然と頑張れるようになりました。

不思議ですね。

たぶん人間は自分のために頑張るよりも

誰かのために頑張ることのほうが得意なんですかね。

 

 

みなさんは今までたくさんのことを犠牲にして勉強に励んできたんだと思います。

推薦で合格していく仲間や、

受験を終えて楽しく遊んでいる仲間を見て悲しくなったりもしたと思います。

録画したドラマを見たい、、

もっと寝ていたい、、

そんな自分を押し殺して合格のために頑張ってきましたね。

本当に強いです。

ここまで受験をあきらめなかった自分を褒めてあげてほしい。

そんな犠牲もすべて明日のためですもんね。

もうやるっきゃない。

すべての力を発揮しきれるように市ヶ谷校スタッフ全員で応援しています。

 

まずは今日一日の勉強を全力で。

そして今までの努力を、

第一志望への拘りを、

明日、解答用紙に思いっきりぶつけてきてください。

 

これまで頑張ってきた自分のために。

応援してくれているたくさんの人のために。

 

いってらっしゃい!!

 

 

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み