受験生の時のルーティーン(問田) | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2020年 5月 22日 受験生の時のルーティーン(問田)

こんにちは、大学三年生の問田祥太郎です

皆さんコロナ自粛はどうお過ごしでしょうか

学校の課題のみで1日の勉強が終わってしまうのではなく、東進の受講も

毎日最低1コマ&高速基礎マスター1ST以上はやるようにしましょう!

特に低学年!他の高校生との差を開くチャンスです。

古文の吉野先生も名言を言ってましたね、「いつやるのか、すぐでしょ」

このブログを見た人は今すぐ受講&高速基礎マスターをやりましょう

本日は自分受験生時代にしていたルーティーンをご紹介します。よかったら真似してみて下さい。

①朝5時半に起床、7時から勉強

自分は朝7時から毎日勉強したかったので、朝の用意に1時間、市ヶ谷に行くのに30分その後に

勉強を始めていました。今の受験生は夏の前借をしていることは何回も話したと思いますが

本当に夏休みMUSTな勉強時間を確保できている人はどのくらいいるのでしょうか

朝、勉強を開始する時間が曖昧な人も多いと思いますが、そういう人は自分ができる

一番早い時間から勉強開始しましょう。おそらくだいたいの人が7時だと思いますが。

②朝に水のシャワーを浴びる

このルーティーンは冬は寒くて死んでしまうので、夏だけなのですが、目を覚ますには最高でした。

朝の眠い時→勉強への切り替えができない人はこれをすれば一発ですよ、時間もかからないので。

③家で勉強する時はパジャマのままではなく、私服(外出用)を着る

これは自分がコロナ自粛になって勉強の習慣を付けたかった時に始めたものです。

なぜ私服を着るかというと①1日の始まりのスイッチが入る②人から見られている感じがする

③しわがつくのでベッドに入りたくないの3点になります。①はパジャマのままだと

1日の始まりのスイッチが入らず、家モードが続いて、勉強を開始しにくかったため

私服を着て、スイッチの

②は、普通外出用の私服を決めるときは、人からどう見られるかで決めると思うので

それを家でやると人から見られているような気がして、さぼらず勉強に集中できます。

③は外出用の私服でベッドに入って私服にしわがついてほしくないので、ずっと椅子に座ってるということだけです。

自分は私服でやりましたが、受験生は制服でやった方が一層効果が出るかもしれません。

では👋