受験生の年末☆神林編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 12月 17日 受験生の年末☆神林編☆

おはよう!こんにちは!こんばんは!

本日もいろいろな場所いろいろな時間に読んでいただいていると思います。

近ごろ大学でトップロープというものを行った神林です。

トップロープというのはスポーツクライミングの1つで、命綱のようなものをつけて、ホールドと呼ばれるブロックのようなものをつかんで上へ上へと登っていくスポーツのこのです。

自分の通っている明治大学では体育でこのクライミングを行うことができ、10メートルもの壁を登ることが出来ます。少し怖いけれどもやってみるとけっこう楽しいですよ!

大学内でクライミングができる所なんてそうそうないので明治大学、そういった面でも目指してみてはいかがですか?

 

 

さて、前置きが長くなりましたが今回のテーマは受験生の年末ということで、自分の受験生の頃の生活を紹介したいと思います。

 

自分はまず家や喫茶店などでは集中出来なかったために、テスト休みなど、まだ東進が午前に開館していない時間帯では学校の自習室を利用していました。学校と東進、家と学校が近い人にはこれがオススメです。なぜかというと、もし勉強で行き詰まった場合などは学校の先生に聞くことが出来るし、ちょっと不安になったときなどは先生に励ましてもらうことも出来るからです。また、最近大学の教育心理学という授業で習ったのですが、喫茶店などの人が多くいたりガヤガヤする場などでは、単純作業ならはかどるけれども、頭を使うことははかどらないそうです。勉強というのは頭を使うわけですからあまりはかどりませんね。ただ、単語の暗記などならもしかしたら学校よりも喫茶店などの方がいいかもしれませんね。

少し話がとんでしまいましたが、学校で自分がやろうと決めていた勉強がおわった後は、東進に移動しながらご飯を食べて、着いたら勉強再開というようなサイクルを送っていました。

また、日曜日や年末年始の少し東進が閉館するのが早い場合には図書館が開いていたため、そこで勉強することにしてました。

他の塾なら年末年始はだいたい閉まっているけれども東進は違います。本当に年中無休で開館しています。そんな場を利用しないなんてもったいないの一言です尽きます。東進が開いている時にはなるべく東進で勉強、閉館後はやむを得ず図書館や学校の自習室を利用するなど、使える施設を最大限活用して勉強していきましょう。