受験生のみんなへお約束。 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2018年 2月 22日 受験生のみんなへお約束。

こんにちは!近頃、私のブログの更新頻度が増えてきましたね。

市ヶ谷校担任助手の黒島綜一郎です。

 

受験校すべての入試を全て終え、ひとまず落ち着いた受験生もちらほら。

かと思えば、国公立大学2次個別試験が控えている受験生もたくさん。

 

今日は、そんな受験生のみんなと最後のお約束したいと思います。

 

ある受験生のお話をします。

高3の4月に入ったKくん。この日を境にほぼ毎日登校、忙しい部活のあとも、体育祭のあとも東進に登校。

高速基礎マスターはほぼ毎日再合格の生徒。

 

ものすごい努力をしてきたつもりですが時は過ぎ、入試を終え、第一志望の大学は合格ならず。

あまりにも、不本意な結果になってしまったため、悩みましたが、もう一年勉強を頑張ることにしました。

 

…まあ、言うまでもなく私の話ですね。

みなさん、今の自分自身の合格状況を見てなにを思いますか?

 

浪人」の二文字ですか?

 

はっきりいうと、それは「現実逃避」ともいえる考え方なんじゃないかなと私は思います。

 

私は浪人することは考えたことがありません。

それは、最後の最後、国立後期の試験が直前に迫っても同様です。

だから、このもう一年を経て、なんとか納得する結果で受験を終えることができました。

 

浪人するなら、すべて終わったその時に考えればいいことです。

 

受験生のみなさんにお約束があります。

 

「浪人」を甘く見てはいけません。

簡単に「浪人」という文字を発しってはいけません。

今、絶望感から脱する逃げ道を探してはいけません。

 

「浪人」の覚悟があるくらいなら、絶対に現役で合格するという意思をまずは固めてください。

 

ここで心が折れて、浪人に逃避してしまうような人はきっともう一年勉強したってうまくいくはずがありません。

 

今、応援してくれる人や大学に行く理由、合格する意思を強く思い描いて、

もう一度机に向かって、

必死に努力をしてください。

 

それは、どんな結果になっても

良い結果につながることもあるだろうし

そうでなくても、晴れやかなやりきった気持ちでもう一年勉強することができるのではないでしょうか。

 

とりあえず、まだまだ私たちは皆さんの結果に最後の最後まで期待しています!!

だから受験生の皆さんも気持ちを切らさずに、第一志望の合格を決めてください!!

 

黒島

 

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み