受験勉強はルーティンを早く作った人が勝つ! | 東進ハイスクール 市ヶ谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2021年 9月 17日 受験勉強はルーティンを早く作った人が勝つ!


こんにちは!
慶應義塾大学経済学部2年の小菅勘太です!

みなさん夏休みも終わってもう二学期が始まっているとは思いますが、夏休みは満足に勉強出来たでしょうか?
ついつい今日だけはこの1時間だけはなどと自分で理由を作って勉強が思っていたように進まなかったなんてことがありませんでしたか?

そんなあなたに向けて今日は私が受験生時代に行っていたおすすめのルーティンを紹介しようと思います!

そもそもなのですが、受験生は全員早いうちに自分に1番あったルーティンを作ることが本当に大切です!

自分のルーティンをきちんと作ることが出来れば、ついついサボってしまうなんてことはなくなります!

高3の10月まで部活をやっていて思うように時間が取れなかった私はこのルーティンを確実に守ることで勉強量と質を確保していました!

具体的にやっていたルーティンは3つです!

①10分睡眠
これは自分が勉強中に本当に疲れている時にやっていたルーティンです!
どうしても疲れて勉強が進まないときに、携帯でアラームをセットしてイヤホンをつけて10分だけ寝ていました。
これをやることで限界の睡魔を取り払うことができ、10分しか寝ないのでそのあと集中すれば勉強の質で量を補うことが可能です!

②朝の1.5h学習
自分は部活の朝練が火、木に7:30スタートであったので大会前以外は他の曜日も7:00には学校に行って1人で教室で勉強していました!
もいないので集中できるし、家を出る準備をすることで自分の頭を起こすこともできるのでオススメです!

③寝る前のながら復習
自分は睡眠時間を4.5hしか取っていなかったので、効率よく睡眠を取るためと練習の疲労を次の日になるべく持ち越さないために毎日湯船に浸かることとストレッチをすることを習慣にしていました。
しかしその時間を無駄にしないようにその日にやったことの復習や暗記などをこの時間に「ながら」で行っていました。
またこの時間に次の日にやらなければいけないことも改めて確認していたので次の日も時間を無駄にすることなく勉強出来ていました!

このように自分のルーティンを見つけておくことで、効率よく勉強することができました!

みなさんも早く自分だけのルーティンを見つけてください!