受験という人生の通過点を迎えるにあたって☆坂上編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 8月 26日 受験という人生の通過点を迎えるにあたって☆坂上編☆

 

資料請求体験授業入学案内個別面談お申し込みはこちら

こんにちは!

 

 

 

担任助手の坂上雄介です!

 

 

 

夏休みもあと残りわずか、一週間ほどになりましたね。

 

 

 

 

皆さんはこの夏、猛烈に勉強して、大きく成長していると思います。

 

 

 

 

成績にすぐには結びつかないことも多いと思いますが、めげずに続けてください!

 

 

 

 

 

ぼくも夏前までは成績が伸びていたのに、一番勉強したはずの夏後からスランプに陥りました。

 

 

 

 

でも、大丈夫です!

 

 

 

 

 

きちんと正しい方法で勉強が出来ていれば、必ず成果はついてきます!!

 

 

 

 

僕も夏休みの3ヵ月後の11月末頃から成績が伸び始めました。

 

 

 

 

成績が伸びる時期は人それぞれですから、焦らず勉強を続けてください。

 

 

 

 

さて、本日は「受験という人生の通過点を迎えるにあたって」というテーマでお送りしようと思います。

 

 

 

 

 

 

受験は、いつも東進の説明会で述べている通り、一つの通過点であって、最終到達地点ではありません。

 

 

 

 

 

このことは、実際大学生になってみると良く分かるのですが、大学に入ることを目的としてしまった人は、

 

 

 

 

 

 

 

考えれば分かることですが、突然目標を見失います

 

 

 

 

 

少なくとも、大学に入ってこれを勉強しよう!という具体的目標のないまま、

 

 

 

 

 

右往左往することになります。

 

 

 

 

 

それでは、わざわざ大学に入った意味が無いのではないか。

 

 

 

 

ぼくはそう思います。

 

 

 

 

 

 

「大学に入学してから頑張り続けられるひと、そうでないひとの差は大学を卒業してから皆で集まったとき、はっきり分かる」

 

 

 

 

 

そう、僕の高校の恩師が言っていましたが、本当にその通りだと思います。

 

 

 

 

だから僕は、受験と言う人生の通過点を迎えるにあたって、「努力を続けること」が一番大事だといいたいです。

 

 

 

 

 

努力を一回すること、これだけでもちゃんとした目標がないと容易なことではありません。

 

 

 

 

 

努力を続けることは尚更難しいです。

 

 

 

 

ですがこれが一番大事です。だから皆さんにはこれからも、努力を続けることを忘れないで

 

 

 

 

頑張ってほしいです。

 

 

 

冒頭の話と関連しますが、例えば模試で思うように成績が伸びなくても、努力を続けて下さいね。

 

 

 

 

続けるか、続けないか。

 

 

 

 

 

これが行き詰ったときに、突破できるひとと、できないひととの差だと思っています。

 

 

 

 

学習法の定期的なチェックは忘れずに!

 

 

 

 

 

あとは努力の継続あるのみです。

 

 

 

 

 

気持ちはブレずに夏休み残り一週間を、全力で勉強し尽くし、

 

 

 

9月からもまた、がんばっていきましょう!!

 

 

 

応援しています。

 

坂上

 

 資料請求体験授業入学案内個別面談お申し込みはこちら