励ましの言葉☆笠井編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 1月 2日 励ましの言葉☆笠井編☆

p>資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら

 

あけましておめでとうございます!!!

 

担任助手2年の笠井友貴です!

2016年もついに

 

ついに

 

ついに

 

あけましたね!!!

 

2015年はハッピーなことも悲しいこともあったと思いますが、気持ちを一新して信念をもって勉強しましょう!

 

1月1日の7時から校舎では,決起会が行なわれました!

 

受験生はお正月ながら朝からしっかり登校して決起会に参加し、

しっかり、新年を校舎でかみ締めながら、勉強モードにはいりました!

 

せっかくなので私の新年の抱負のほうも話させていただこうかなと思います!笑

 

今年の抱負は、「自分と関わる多くの人を笑顔にすること」

 

けっこう大きな目標なんですけど、なぜこのような抱負を打ち立てたかですが…

人が笑顔にさせるには自分が笑顔である必要がもちろんありますし、人の笑顔を見ることってとても幸せなことだなと感じて、

なら自分に関わる一人でも多くの人を笑顔にさせてやるぜって気持ちで1年過ごせば自分も笑顔で入れるのかなと思ったからです。笑

 

それはおいといて、本題にはいりましょう!

 

センター試験本番まであと2週間になりましたね。

そしてあと約60日後にはほとんど第1志望の受験は終わっていますね。

時は無情ですが、一瞬で過ぎ去ってしまいます。

自分のときも気づいたら終わっていました笑

 

とはいえここからは受験という名の試練は辛く耐え難く、孤独なものであります。

いい結果が残せるとも限りません。本番当日もしかしたら環境が悪いかもしれない。

考えたらきりがありませんね。

 

でも不安になることはごくごく当然なことです。それで人生が決まってしまうのだから受験会場にいる全員が不安に思っているにきまってます。

じゃあ受験に成功している人はどういう気持ちだったんでしょうか。

 

私は受験に成功している人は、自信を強くもっていたと思います。

毎日登校したという自信。高速基礎マスターの単語1800を毎日やっていたという自信。あきらめずに、がむしゃらに最後まで勉強したという自信。

 

自信の形は人それぞれだとおもいますが、圧倒的な自信を持って受験会場にいった人は、力試しのように考えられて、もはや緊張すら力に変えられます。

なかなか、そんな風に考えられないよ…と思うかもしれませんが、ここからは気持ちで引っ張りましょう。常にできるというイメージを持つ、それだけで発揮できる力が断然違います。

 

 負けそうになったらくじけそうになったら、今までの自分を振り返ってください。今まで自分がやってきたことは正しかったとわかるはずです。

 

私も成績を大きく伸ばせたのは1月に入ってからです。この時期だからこそ、最後の力を振り絞り、集中しましょう。

 

泣いても笑っても最後の2ヶ月なら、悔いのないように、笑って終わりたくないですか?

 

私はみなさんが笑って校舎で合格報告をしに来てくれるのをまっています。

最後まで我々担任助手は皆さんの味方です!

 

 人生を切り開く第1歩を踏み出しましょう!!

 

この度も新年なのにわざわざ見ていただきありがとうございました。

合格を祈願する初詣に行きたいと思います!

それではまた

 

 

高校2年生ですが、朝7時に校舎に登校し、決起会に参加しました!!かっこよすぎる!!!

 

笠井

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら