励ましの言葉☆坂上編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 1月 3日 励ましの言葉☆坂上編☆

この画像は、高校二年生のグループミーティングです!!

 

冬期合宿に行ってきた生徒が三人(担任助手の私も行ってきましたが)

いるので、これからの自分たちの行動や、グループを良くしていくには。を話し合っています!

 

ちなみに12/31

のグループミーティングです
資料請求
体験授業

入学案内個別面談

こんにちは!

 

明けましておめでとうございます!

 

担任助手の坂上雄介です。

 

センター試験まで残り2週間に迫りました。

 

いよいよ本格的に入試が始まりますね。

 

皆さんは、どういう気持ちでいるでしょうか?

 

自分が受験生の時は、ただただ緊張していました。

 

結果を求めようとすればするほど重圧は高まりました。

 

ですが最終的に自分を吹っ切ってくれたのは、

 

自分を応援してくれる人たちの存在、

 

そして、受験勉強を頑張った経験からくる、自信でした。

 

皆さんも、受験勉強を始めた時期こそ違えど、

 

応援してくれる人たちの存在と、

 

ここまで勉強を頑張ってきた自負。

 

これに関しては、誰もが持っていると思います。

 

自分は、市ヶ谷校に入学してから、

 

そして、担任助手になってからここまで、

 

努力するみんなの姿を近くで見てきました。

 

皆さんの努力する姿を見ていたのは、当然僕だけではなく、

 

皆さんの家族、友達、先生、そして、市ヶ谷校のスタッフも同じです。

 

ですから、みなさんを応援してくれる人は、沢山います。

 

加えて、みなさんがどれだけ勉強していたか、

 

みなさん自身も、近くで勉強していた仲間も、

 

家族や、市ヶ谷校のスタッフ達も、みんな知っていると思います。

 

だから、東進の受験生は、みな一様に、立派な受験生だと確信しています。

 

ここからの勝負の行方は、やはり、どれだけ諦めずに頑張れるか次第です。

 

諦めた者から脱落します。

 

もちろん、辛くて投げ出したくなるときもあります。

 

僕もセンター試験後に受験を投げ出そうとした時がありました。

 

でも、決して投げ出してはいけません。

 

それは、みなさんを応援してくれる人もそうですが、何より、

 

今まで頑張ってきたみなさん自身に失礼です。

 

最後まで全力で頑張り切ることが出来れば、

 

どんな結果でも前を向いて歩めます。

 

逆にそう出来なければ、合格しても、満足出来ません。

 

自分が受験生の時は、受験に失敗したら、人生がまるで終わるかのように思っていた時期もありました。

 

ですが、終わるはずはありません。

 

大学受験の先には、もっと大きな試練が待っています。

 

次へ、次へと人生は続きます。

 

だから、この先の人生のためにも、全力で走り切って下さい!

 

ここからが本当の勝負所。

 

応援しています。

 

坂上


資料請求
体験授業

入学案内個別面談