全国統一高校生テストに向けて…☆河本編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 10月 16日 全国統一高校生テストに向けて…☆河本編☆

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

 

おはこんばんにちは!!!!!!!!!

本日も当ブログを閲覧していただき誠にありがとうございます。

慶応義塾大学薬学部1年河本彩子です!

 

最近急に寒くなりましたね!

みなさん、体調管理は十分にできていますか?

私は先日の金曜日に、インフルエンザの予防接種に行ってきました。

めちゃくちゃ早いかもしれませんが、

来月別の予防接種を受ける予定があるので、

「遅いよりは早いほうが!」と思い、受けてきました。

12月に2回目も受けます。無敵になります

ワクチンを開発したエドワード・ジェンナーってやっぱり偉大ですよね…

(分からない人は調べてみよう、生物選択は覚えよう)

 

さてさて、本日のブログテーマは「全国統一高校生テストに向けて…」

10/30(日)まで、いよいよ2週間を切りました。

すべての学年の生徒にとって大きな意味のある模試です。

ということで、受験生・低学年それぞれが

何を意識してこの模試に向けて取り組むべきなのか

について、私なりの考えを書こうと思います!

 

 

●受験生●

東進の高3生は、

 夏休み(~8月):センターを固める

 秋以降(9月~):2次対策&過去問

という日々を過ごします。

そう、すでに「センター試験に向けた勉強」は終わっているのです!

ではどうやって10月の全国統一高校生テストで点を伸ばすのか?

方法はひとつ。

「2次対策をするから必然的にセンターレベルの点も上がる」

これだけです。本当です。

すなわち、この模試での成績は

9,10月にいかに2次対策を進められたかを示す

といっても過言ではありません。

また、センター本番まで76日前の模試です。

10回日曜日を過ごすとセンター本番になります。

意識すべきは、残り少ない時間をどう効率よく使っていくのか。

ここで自分の勉強の完成度を見て、

1月の本番に向けて最後の仕上げをしていきましょう!

 

●低学年●

東進では、10月~12月の間に新学年に上がります。

高2生は新高3生に、高1生は新高2生に、という感じです。

高012年生の皆さんにとってこの模試は、

新学年に上がる前最後の模試です。

そして、センター同日体験受験に向けてもとても大切な模試になります。

受験生と同様、同日を意識した勉強を

進めるためにとても大切だからです。

同日試験で何点取れるかが、本番の合格率に非常に関わります。

そう、1年前から合否は決まっているのです!

ならばその1年前を迎える前に、早期スタートを切る必要があります。

そのためにも、10月の全国統一高校生テストで

最高のスタートダッシュを迎えたい!

低学年の皆さんには、ぜひそこを意識して欲しいです。

 

 

もちろんこれは私がみなさんに意識して欲しいものですが、

他にもたくさんありますし、それは皆さんのほうがわかっているはずです。

この全国統一高校生テストで「あなたの中の何かを変え」ましょう!!

 

ではでは、本日はこの辺で!

また明日もぜひお越しください!

 

河本

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み