入試直前期の過ごし方 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2021年 2月 10日 入試直前期の過ごし方

みなさんこんにちは!担任助手清廣乃亜です。

私大入試の入試が続き、国公立入試までも残り15日となりました。

そこで今回は入試直前期や当日にどう過ごしていたかについてお話しします。

1.過去問の復習はコンパクトに!

いろいろな大学の過去問を粉に時期には解かなければならないため、解くだけで勉強時間の大半を持っていかれてしまうと思います。しかし、実際はほかにもやらなければいけない勉強はあると思うので、復習はできるだけ短くしましょう。やらないのは解いた時間が無駄になるのでだめですが、入試で合格点とされているのは大体7割くらいです。逆をいうとそれ以外の問題は解けなくても受かる。難しすぎる問題に時間をたくさん書けるよりも、復習する問題も厳選してコンパクトにやった方が勉強時間の確保につながると思います!

2・直前期ほど基礎に忠実に

私が直前期に心がけていたことは、難しい問題が解けるようになることよりも今までやってきたことを本番で絶対に間違えないということです。そのために、直前期は基礎の再確認や自分が間違えたものをまとめたノートを復習する時間を確保していました。1点2点が合否を分ける受験。簡単なところで間違えるのは命取りなので、気を付けていきましょう。