今、予備校に入る理由☆福江 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 11月 18日 今、予備校に入る理由☆福江

 

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!中間試験シーズンでてんてこ舞いの福江です。
寒かったり暑かったり気温が安定しない日々が続きますね。くれぐれも風邪には気をつけてください。とにかくよく食べて集中して寝ることです。

はい、今回のテーマは「今予備校に入る理由」です!
高校三年生がセンター前の追い上げの時期にはいっています。
高1、高2生のみなさんは先輩の懸命に努力する先輩の姿を目にしていることでしょう。
自分にはまだ先の話だと思っていませんか?

甘いです。甘過ぎです。もう戦いは始まっているんですよ。
受験勉強のスタート時期が早ければ早いほど第一志望校の合格率が高いことはとっくに統計でも明らかになっていることです。
それはそうですよね。総勉強時間が多い方が実力がつくに決まっています。

でもなかなか本気で受験勉強が始められない。その気持ちはよくわかります。
学校ではまだ受験ムードではないし、家に帰って机に向かっても宿題、定期考査の勉強以上のことをする気がおきない。

しかし、皆さんが行きたいと思っている、これから思うであろう魅力ある大学を志望し、合格する人たちは既に走り出しているのです。もたもたしている暇などありません。

ここで本気で受験勉強を早く始めるべきだと言っているのはなにも勉強オンリーの生活をしろということではありません。
高校生は部活に学校行事、趣味や課外活動など時間をかけて打ち込みたいことが山ほどあるものです。

私がここで言いたいのはそういった忙しい高校生活を犠牲にするのではなく、それらに打ち込んだうえで他の時間の無駄を徹底的になくし、残りの時間で最大限受験にむけて努力すべきだということです。

そのために予備校という勉強に打ち込むための空間に自らを置くことで周囲の頑張る同級生から良い影響をたくさん受けるべきだと思います。世界が広がりますよ。

今予備校に入っている人は入っていることに決して満足しないでください。肝心なのはそこでどれだけ頑張っているかです。周りを見回してみてください。きっと自分よりはるかに努力している同級生がいるはずです。負けてはいけません。

今回もお付き合いいただきありとうございました。

福江

資料請求体験授業

入学案内個別面談

お申し込みはこちら