センター演習の復習法について☆福江編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 7月 28日 センター演習の復習法について☆福江編☆

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

夏期特別招待講習

どうも、おはようございます、こんにちは、こんばんは。一橋大学商学部2年の福江です。

今日は助っ人として久々に市ヶ谷校にやってきました。

ちまたでは「なんとかGO」が流行しているようですが、皆さんがゲットすべきはモンスターではなく、第一志望の合格です。今日も頑張っていきましょう!

 

さて、今回のテーマはセンター演習の復習法についてということでやっていきたいと思います。高3生のみなさん、センター演習は進んでいるでしょうか?センターを制する者は受験を制する。これは国立志望・私大志望を問わずに言えることだと一年間担任助手をやっていて痛感しました。難しい内容の勉強をしているから基礎は大丈夫だろうとか過信していませんか?センター試験侮るべからず。ぜひ胸に留めておいてください。

 

センター演習の復習をするうえで私が肝心だと考えるのは自分の間違えた問題をいかにして間違えたのかをきちんと分析することです。

 

解くために必要な知識がなかったのか?

解くスピードが遅かったのか?

はたまた単純な計算ミスやマークミスなのか?

 

同じ間違いでも間違い方によって対策は異なってくるはずです。ただ猛烈に解きまくり、演習量を確保することももちろん重要ですが、自分の弱点がなんなのかを分析し、その対策をしながら数をこなすか否かでは効果が大きく違ってきます。模試や過去問の結果は自分の実力を映す鏡です。この夏は自分の弱点をみつけ、着実に潰していくことで最強になりましょう!

 

また、高1・高2生の皆さんは夏休みを謳歌しておりますでしょうか?きっとキラキラの青春を楽しんでいることでしょう。もちろんキラキラするのも大事ですが、しっかり勉強の時間は確保して、その時間は集中して取り組むようにしましょう。メリハリが大事です。自己管理力が試されていますよ。自制心のないものに受験を制することはできません。文武両道で充実した夏をお過ごし下さい。

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。明日もお楽しみに!