センター演習の復習法☆新沼編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 7月 31日 センター演習の復習法☆新沼編☆

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

夏期特別招待講習

 

 

 

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます:)

早稲田大学 政治経済学部 国際政治経済学科1年の新沼美月です。

 

やっと期末が終わり、昨日から夏休みになりました!

 

今年の夏は、留学のためのTOFEL・IELTSの勉強を頑張るのが目標です!!

今は全然できていませんが、8月は時間を見つけてコツコツやっていきます。

 

さて、

こんな私も、1年前は普通の受験生でした。

夏には、皆さんと同じようにセンター過去問演習をやりまくっていました!!

 

私の去年の夏の目標は「センター国語の点数を伸ばすこと」だったので、

国語を中心に、1日26問程度(英語・国語2年分+α、世界史1年分)の演習をしていました。

実際、キチガイの仙人のようにセンター演習を夏中続けた結果、国語の点数が46点上がり、初めて全教科でAラインを突破しました(・∀・)!

 

では、私なりのセンター演習の復習法を教科別にご紹介します。

まずは、国語

①わからなかった言葉を調べる

 →ノートにまとめる

②間違えたところの解説を読む

 →選択肢の不正解の根拠のところと、根拠となる本文の箇所に線を引く。 

(③納得できなかったら、まず考えて、それでもわからなかったら受付に聞きにいく)

 

次に、英語です

<文法>

①正解のイディオムを辞書で調べる。

 →ノートに書く。何度も間違えた問題は、手帳のその日のところにも書く。

②間違えた英文を1回全文書く。

<長文>

①わからなかった文の日本語訳を見て、理解する

②間違えた問題の根拠となる部分を確認する。(センター英語ははっきり根拠がかいてあるので、文章全部はわからなくても、根拠の部分の意味が正しくつかめれば満点も取れます)

③解説の最後についている語彙リストの内、知らなかった・わからなかったものだけノートに写す。

 

最後に、世界史(社会)

①解説の太字を(正誤に関わらず)全部ザーッと読む

 →知らないまたはあやふやな単語があったら一旦止まって、その単語が含まれている一通りの文章を全部丁寧に読む

②まだ習ってない分野の問題は、出来事の背景・概要だけノートに書く

 

という感じです!

どの科目にも共通しているのは、ノートにまとめるということです!

このまとめたノートを、行き帰りなどのときやご飯の時に常に見て、センター試験の本番の時も持って行きました。

 

みなさんも、自分なりのやり方を見つけて仙人のようにやりまくってください!!

みなさんの成長を応援し、楽しみにしてます!!