もしも受験生活をもう一度やるとしたら…〈中嶋 龍太〉 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

2015年 2月 16日 もしも受験生活をもう一度やるとしたら…〈中嶋 龍太〉



新年度招待講習

 

 

 

 

 

市ヶ谷校のブログをご覧の方々、こんにちは!!

市ヶ谷校のブログにアクセスしていただき、誠にありがとうございます!

 

早稲田大学創造理工学部環境資源工学科2年の中嶋と申します。

 

大学生は、一年のうちで最も長い春休みに入ります!

僕もこの春休みは有効に使おうと思います!!

 

 

今日のブログテーマ「もしも受験生活をもう一度やるとしたら・・・」です!

 

 

実は、

 

僕は現在早稲田大学理工学部に通っておりますが、第一志望校ではありませんでした。

 

第一志望校は東京工業大学だったので、当時は本当に悔しくって、もやもやが残った結果となってしまいました。

 

なので「どうやったら、自分は東工大に合格できたのか」を考えました!

 

 

実は、模試では結構良い成績をとれていたんです。

東工大模試ではA判定とB判定だったので、どうしてそれなのに不合格だったのか。

 

 

その理由は「適切な時期までに適切な勉強をしなかった」からです。

東進でいえば「勝利の方程式」という勉強の流れです。

東進生はもう耳にタコができるくらい聞きましたよね。

 

僕の現役時代を思い出してみると、「勝利の方程式」に乗れていたか、と言われると確かに怪しいです。

 

 

例えば、

☆7月20日までに通期講座の受講は終わらせ、修了判定テストも全てSS判定にする

☆8月24日のセンター試験本番レベル模試で合格点を取る

☆9月1日から過去問演習講座に入る

☆第一志望の過去問演習講座は10年分×3周すること

 

など、「勝利の方程式」で最も重要な部分ができていませんでした。

 

逆に、どんなに元の成績が悪くても、「勝利の方程式」が実行できている人は合格しています!!

 

どんなに成績が良く見えても、「適切な時期に適切な勉強をしなければ」大学受験はうまくいきません。

 

新高3生・新高2生のみなさん、受験に向けて、今ならまだ間に合います!!

がんばりましょう!

 

 

 

今日もブログをご覧いただき、ありがとうございました☆

 

中嶋 龍太

 

 


新年度招待講習