この時期の生活リズム✩岩本編✩ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2017年 4月 30日 この時期の生活リズム✩岩本編✩

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

本日もブログを見ていただきありがとうございます!今回は私、岩本がお送り致します。

 

春休みが終わり、新学年も始まり、なかなか落ち着かないこの時期。今回は私の受験生時代のこの時期の生活リズムについて、お話ししたいと思います!

私は現役時代、春休み前の模試の成績が非常に悪く、悔しかったので、春休みからは「なにくそ!」という気持ちで必死に勉強しました。その勢いでこの時期もとてもモチベーションが高かったです。

ですが、みなさんの今の悩みの種でもあると思いますが、春休みの長時間勉強に慣れてしまうと、この時期はなんといっても時間がないと感じてしまうのですよね。

しかし、文句ばかり言っていても仕方ありません。時間がないなら、時間を作ればいいのです。私の場合は朝早くから学校に行き、通学中の電車の中や朝礼前の30分間を利用して英単語を確認したり、学校が終わったら、なるべく早く市ヶ谷校の校舎に行ったりするなどして、少しでも多く勉強時間を取れるようにしていました。

また、短時間で効率のいい勉強をするということも心がけました。いくら時間を作っても、全教科をまんべんなく勉強することは難しいと思います。そこで私は英数、特に苦手科目であった数学に大幅な時間を割いて、勉強しました。

 

具体的には5月までに何なにを終わらせるといった具合の目標をたてて、高速基礎マスターや問題集を解いていました。この時期は基礎固めができる最後のチャンスでもあります。受講や高速基礎マスターも活用しながら、具体的な計画をたてて、苦手科目から優先的に勉強していくことが重要になってくると思います。

最後に。睡眠はしっかりとるように心がけましょう。この時期はとても忙しくなり、自分が思っているよりも疲れがたまっていることが多いです。私は校舎で閉館まで勉強した後、家に帰ってからはあまり無理して勉強することはなく、最低でも6時間程度は睡眠時間を取るように心がけました。それが次の日に集中して勉強できることにつながります。

新学年を迎えて不安だらけだと思いますが、しっかり頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み