【番外編】なぜ受験と人生 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2016年 7月 29日 【番外編】なぜ受験と人生

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み

夏期特別招待講習

 

 

どーもー

はじめまして

数年前に東進ハイスクールの担任助手を卒業したのですが

図々しくも

2日間だけ舞い戻ってきました

上智大学4年

谷口と申します

はからずも

大学生というものを3年半経験

就職活動も何とか乗り越えたので

その中でいろいろと考えたことを

吐き出して帰りたいと思ったわけです

なんで、直接受験勉強には

何の足しにも

ならないかもしれないです

ですが

きっとこころに何か残します

必ずや

もしよろしければ

読んで頂きたいです

 

 

私が

常日頃から思っていることなのですが

日本の(現在の)受験システム

大変すばらしい!

(賛否両論ありまして

変わりますが)

 

大学を卒業したらほとんどの人間が

いわゆるサラリーマンというものになります

そのサラリーマンにおいて

給料というものは至極重要な要素でありますよね

やりたいこと、したいことはいろいろあって

その中でもお金が関係してくる

簡単にそれを引き上げてくれるのが受験です

しかも今まで何も積み重ねてきていない者であろうと

立った一つの門さえ通りさえすれば良いという

 

誰にでも与えられたチャンスですから

なんと優しい国なのでしょうJAPAN

なんと素晴らしい場所でしょうUNIVERSITY

お金だけではありません

大学は

様々な環境で育ち

色々な考えを持った人が

山ほどいる場所ですから

チャンスと選択肢がとてつもなく広がります

夢のような場所です

 

しかし

その反面とにかく

ぬるま湯のような場所ですから

自分の今どんな状況に置かれて

結局どんな人間になりたいのか

分からない人が山ほどいます

僕もその一人でした

 

むしろ大学に進学せず

18歳から働いている人の方が

よっぽど自分の状況と

今後を明確に理解しているでしょう

現実が目の前に迫ってきているのですから

 

高校生は世界が狭く

情報量が少ないですから

夢を決めろと言われたって

ある人もいれば

ない人もいる

僕はありましたが

大学に入って

二転三転しました

決めてもいいし

決めなくてもいい

 

でも

今どんな状況にあって

何になりたいのか

 

これは常に考えていた方がいいです

 

やりたいこと

なりたい自分

が見つかる前は

 

人生は永遠に感じます

 

見つかった瞬間に

ものすごく短く感じる

 

いつ見つけたっていいのですが

その瞬間から

全力で駆け抜けられるよう

常に自分と向き合いましょう

 

 

人生は長い

ようで短い

ようで長い

ようで短い

 

ではこのへんで

 

[今日のMVP]

グループの為に色々考えてるすてきなグループ長たち