『高校』で誘惑を断ち切る方法‐藤本編‐ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2014年 9月 11日 『高校』で誘惑を断ち切る方法‐藤本編‐

 


こんにちは!

 

東進ハイスクール市ヶ谷校

 

担任助手の藤本です!

 

 

最近は朝起きたときに肌寒さを感じたりして

 

 

夏が終わったんだなと実感します。

 

 

寒くなったということは受験シーズンが近づいたということでもありますね。

 

 

学校が始まり、思うように自習時間がとれない、、、

 

そんなことを思う受験生も多いのではないでしょうか。

 

 

でも、

 

 

勉強時間って自分でつくるものですよね!!

 

自分の意識次第でいくらでも時間は確保できます!

 

 

学校があるから仕方ない

 

なんて絶対に思ってはいけません

 

そこで今日は、、、

 

1年前に私が

高校でどのように勉強時間を確保していたのか

について話します!!

 

 

1.お昼ご飯を食べたら即自習室へGO

 

 

その時、一緒にご飯を食べていた友達に言うセリフはいつも同じ。

 

「5時間目の予習してないからやらなきゃー」

 

そう言い残して

 

毎お昼休みは自習室へこもりに行きました。

 

はじめは1人でしたが、

 

徐々に友達も

 

「私も予習してないから一緒に行くー」

 

と言うようになり

 

秋以降、

 

学校の友達とは

 

メリハリのある関係を築けたと思います。

 

 

2.「問題出してー」と言いながら参考書を友達にさしだす

 

これはもう巻き込み作戦ですね!

 

10分程度の休み時間って

 

集中してきたと思ったら

 

もう10分終了

 

って感じですよね。

 

10分だけ集中するって結構難しいです。

 

そんなときは気軽な感じでできる

 

友達との勉強が1番です!

 

自分より先に他の友達に答えを言われちゃった時は

 

けっこう悔しいです。

 

 

こんな感じで、受験生時代を過ごしてました!

 

 

周りから

くそ真面目だと思われようと

 

 

ガリ勉だと思われようと

 

 

そんなのどうでもよかったです。

 

 

 

 

全ては合格のため。

 

 

 

 

 

気合を入れて頑張りましょう!!

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!